workshop

2017/08/28

カラフルラミネートノート ワークショップ

251


夏休みの子供向け製本ワークショップ「カラフルラミネートノート」。
ラミネートフィルムに色紙などを自由に切って作った形をはさみこんで作った透明カバーで作る<一折り中綴じ>のノート。

中味に使う10色の色上質紙の重ね順を替えることで透明カバーからのベース色が変わるところがポイント。

一折り中綴じのため、中味を使い終わったら糸をほどいて新たに綴じ直すことも簡単にできる。そのときに中味の外側の紙色を替えると雰囲気の変わったノートにもなる。 


252


最初に中味の紙をふたつ折りにする。
特製<折りジグ>で天地・前小口がピッタリ揃うように折る(左写真)。
ピッタリ揃えるというのは意外に難しいが、皆上手に折ることが出来た。

折った後は角ベラでしっかりと折り目をつける(中写真)。

ふたつ折りにした10枚の折はひとまとめにして一折りにし、重ねることによって揃わなくなった前小口の化粧断ちをする。

事前に詳しくカッターの使用法はレクチャーしたが、やはり慣れないとカッターに力を入れすぎたり、切りながらカッターを左右に傾けたりと真っ直ぐに切ることは難しい。

これは当たり前のことで、道具は慣れてはじめて有用に使いこなすことが出来る。 とりあえずは<安全に>使うことをしっかり覚え、積極的に使う回数を増やすことが重要だろう。


253


ラミネートフィルムに挟み込む作業(写真)。

はさみを使ったり、パンチを使ったり、細かい部分はピンセットを使って位置調整。


254


出来あがったデザインは、ラミネーターに通して固定させる(左写真)。
熱を加えることでラミネートフィルムは透明感と艶が増すが、中に作ったデザインも一段鮮やかになる。 子供たちの嬉しそうな顔が見られる瞬間だ。

フィルムを半分に折り、それに中味を重ねV字の穴開けジグに置き、穴を開ける(中写真)。

糸で一折り中綴じにし、留め具のゴムを付け完成。


255


楽しいデザインが勢揃い。 中味には何をかくのかな?

今年は透ける色上質紙にペールトーンを選ぶこどもが多かった。
流行なのかな?


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/03

ブロックメモ本・ワークショップ memoblock book workshop

03301


先日ブロックメモ本のワークショップを行った。

カッターを使うこともあり、対象を中学生以上と考えていたが、なんと小学6年生が申し込んでくれた。

アトリエのイベントに何度か来てくれている子供たちで、手先の器用さは折り紙付き。何事にも積極的で頼もしい。

早速、表紙に使う布を選んでもらう(写真)。


03302


早速作業開始。

ブロックメモにあらかじめつけた背とじ糸を通すミゾに樹脂分の多いボンドをたっぷり塗り込み、麻紐を埋め込む(上図)。

背綴じひもが乾く間に表紙ボールを表紙布に貼る(中・下図)。


03303


ボール紙を貼った表紙布は布側から骨ベラを使ってしっかり圧着する(上図)。

巾定規を使って表紙布の折り返しを切り残す(中・下図)。


03304


布の折り返し部分にボンドを塗り、下に敷いたクラフト紙で持ち上げるようにしてくるむように貼る(上図)。

角の部分が飛び出ないよう端を少し内側に折りこむ(中図)。

指で微調整(下図)。


03305


クッキングペーパーにはさんでしばしプレス(上図)。

表紙をはさんでいる間に、1センチの巾定規を使って背とじ糸を切りそろえる(中図)。

ジグを使って背綴じひもの端をほぐし、扇状に広げ本文に貼り付ける(下図)。


03306


背に濃いボンドを塗り、背布を巻き付けるようにして貼る(写真)。


03307


表裏ともにボンドを塗り、ズレが無いよう気を付けながら表紙を貼り、体重をかけておさえた後、水彩紙を本文と表紙の間にはさんでプレスして出来上がり。


03308


正味3時間で二冊作り上げた。

一冊目は私と一緒に説明を聞きながら作り、二冊目は本人たちだけで作る。

この本のつくり方は本ブログでも以前に紹介しているが、やはりうまく作るための微妙なところは実際にやってみないと伝わらないことも多い。

今回は小学生ということもあり、出来るだけ危険の無い方法で取り組んでもらったが、二人ともとても理解力が高く、かつ作業もていねいなので、とてもしっかりした本を作ることが出来た。

特に二冊目は、私のアドバイスが全く必要とせず完璧に自分たちの力だけで作ってしまったのには驚かされた。

作るということに興味を持っていれば年齢などはあまり関係ないということを改めて認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/31

製本ワークショップ パピヨン綴じ編

08300


久々の製本ワークショップ。院生を含む大学生3名と社会人2名の参加者で開催。 


08301


最初に各自が選んだ表紙柄に合う色の見返し紙や,花布,しおりひもなどを選択する(上図)。

説明を交えながら制作開始。

最初に針を糸にとめる作業。撚り(より)のない細いモノコードを使うため,糸を針に直接結ぶ方法をとるが,説明がうまく伝わらず,少々手間取る場面も。次回はもっと直感的に理解してもらえる模型や見本を考える必要がありそうだ(下図)。


08302


かがり作業。

すべての折丁をかがり終えたあと,糸を最初の折丁まで巻き戻す作業中に糸が切れることがあったくらいで,折丁の中で糸が大きくたるむことなく,背がまっすぐに仕上がった。


08303


背固め作業(上図)。

中身を立てて扇状に開き,背固めがきちんと出来ているかを確認(中図)。

小口切りにも挑戦。今回は天・地の小口は切らず,前小口のみ断裁した。

口だけの説明では中々分かりづらいところもあるので,ノートの幅が狭くなることを覚悟して何度か小口断裁を試してもらう。

驚いたことに一回できちんと出来た人が1人。その他の皆さんも二度目には合格。とても優秀(下図)。


08304


表紙ボールに表紙布を貼る(上図)。

表紙となかみのくるみ作業。

面倒だが,背のみを最初に接着。ここで天地の「チリ」をキメてしまう(固定する)ことで,「見返し糊入れ」での見返しの貼りズレのリスクがかなり抑えられる(中・下図)。

そして,大きく端折って,完成。

08305


一番にアトリエ入りした大学生Nさん。

「大きな失敗もなく無難に完成」とは本人の弁だが,かがりも,くるみ作業も,失敗なくこなし,チリも天・地・前小口とも均等にでた綺麗な本に仕上がった。


08306


院生のAさん。

今回の人気柄(5名中3名が選択)にビビッドな赤やピンクを合わせるところがキュートだ。チリが天地で若干違ってしまったが,はじめて制作したことを考えると十分な仕上がり。


08307


大学生のSさん。小口切りを一発でクリアしたのはこの方。よって,他の人より若干ノートの幅が広い。聞くと普段から紙を切る機会が多いそうだ。 なるほど。 チリも均等に仕上がり上出来。


08308


大人のHさん。クータを取り付ける際,ちょっとしたトラブルに見舞われるも,見事にリカバー。少々ノートの幅が狭いのはあきらめずに完璧を目指した結果だ。 出来あがってみれば十分合格の内容だ。

このようにして,皆さんそれぞれにとても素敵なノートを完成させたのだが,肝心の私が制作時間を見誤り,大幅に終了時刻をオーバーさせてしまい,皆さんにはご迷惑をおかけしてしまった。

特に,もう1人の参加者Aさんは,次のお約束があったため,後日時間を作っていただき,そこで完成していただくことになった。

またその模様は後日ご紹介したい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/10

紙漉きワークショップ二日コース

Kamisuki21


今年から二日コースを設けた紙漉きプラス。

1日目に紙漉き,二日目に漉いた紙を使ったノートを作る。一般生活において,素材から製品まで一貫して手がけるチャンスはあまりない。

与えられたものではなく,自分で作り出すことの楽しさを体験してもらう。


Kamisuki22


今回の参加者は小2の女の子,小1の男の子と女の子,そして,小1の女の子の弟で幼稚園年長の男の子の4人。

紙についての簡単な説明の後,早速パルプづくり。事前に牛乳パックから取り出した乾燥パルプをミキサーでほぐし,ザルにあける。


Kamisuki23


各自の水桶にザルにあけたパルプを入れ,よく攪拌する(上図)。

自家製紙漉き枠でパルプを漉く(中図)。

すき取った紙はフエルトに移す。その上にフエルトを重ね,紙を漉くことを10回ほど繰り返したら,手機械に挟んで水を切る(下図)。


Kamisuki24


フエルトに貼り付いた紙をガラスに移す。スポンジローラーでこするとガラスへ簡単に貼り付けることが出来る。そして1日目終了。

皆30枚以上紙を漉くことが出来た(TOP写真)。


Kamisuki25


二日目。

残念なことに小2の女の子が都合で来られなくなったため,3人でスタート。

まず,仕上がった紙を確認する。厚い紙,中厚の紙,薄い紙に分けて,表紙用,中身用にどの紙を使うか検討する。しかし,どのくらいが厚いのか,どのくらいが薄いのか,判断が中々難しく,不安な厚さのものは大人が一緒に検討(上図)。

今回は三種類の本を作る予定なので,最初に作る本を多数決で選ぶ。二人が折り本を選んだので,まず折り本から(中図)。

はじめに,折り本の中身を蛇腹に折る。正確に,慎重に。折った部分は指でしっかりと折り筋をつける。各作業を確実にすることが,綺麗な作品をつくるコツ(下図)。


Kamisuki26


表紙用の紙をつくる。

まず,表紙用紙に事前に作ったジグを合わせて線を引く(上図)。

ジグに沿って描いた線をはさみで切る(中図)。

切り取った表紙の中央にボール紙をしっかり貼った後,折り返し部に糊をつけて貼る(下図)。


Kamisuki27


出来あがった折り本。「ギザギザ〜」。


Kamisuki28


次は一折り中綴じ本。

表紙を一番下にして,その上に5-6枚薄手の本文紙を重ねる。一番上の本文紙を半分に折り,その折り線に穴を開ける位置が印されたガイドをあて,鉛筆で穴開け位置に印をつける(上図)。

穴に合わせて糸で綴じる。本来は糸に針を使うが,子どものワークショップでは危ないので,針のいらない魔法の糸を使う(中図)。

最後は固結びして,残り糸にビーズを通して完成(下図)。


Kamisuki29


三人ともきちんと作れました。

残り三十分で枝を使った「平綴じノート」を作って無事2時間のワークショップ終了。


Kamisuki210


記念撮影。みなさん,よく出来ました。

制作途中,ちょっとうまく行かないことや,難しいところもあったが,みんな,しっかり三種類の本を完成することが出来た。

迎えにきたお父さんやお母さんにうれしそうに見てもらっている姿がとても印象的だった。

今夏,紙漉きワークショップはあと3回あるので,次はどのような作品が出来るか楽しみ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

し・た・く

Paper21_2


紙漉きワークショップ二日コースのしたく。

二日目に初日に漉いた紙を使って本を作る。今回は「枝をつかった平綴じ本」「折り本」「一折り中綴じ本」を用意する。

年齢に幅があり,時間も限られているため,すべて出来るかは分からないが,出来るだけ効率よく作業を進めるための準備はおこたれない。


Paper22_3


今回難しいところの一つは折り本の表紙部分。表紙になる紙に芯ボールを貼って,折り返しを残して余分を切り落とし,さらに四隅の角を45度に切るところだ。

大人にとってたいした作業ではないことも,はさみの使い方がまだはっきりしない子どもには大変難しい作業だ。もちろん45度も分からないのでジグを作って対応することにした。

ジグの原寸図をプリントアウト(上図)。

ペーパーセメントを塗ってプラバンに貼り付ける(中・下図)。


Paper23_2


切り抜く内側の四角の四隅に目打ちでへこみをつけ,そのへこみをガイドにピンバイスで穴を開ける(上図)。

穴と穴をつなぐようにカッターで切り込みを入れる。ピンバイスで穴を開けるのは,カッターの切り込みが広がってプラバンを割るような事故を防ぐため(中図)。

できあがったジグ(下図)。


Paper24_2


表紙素材に芯ボールを貼り付けた後,このジグを芯ボールにはめる。次にジグの外周を鉛筆でなぞり,その線にそってはさみで切るのだ。

Paper25_2


関係ないが,切り落とした四隅の直角二等辺三角形を6枚使うとこのような6面体が出来る。


Paper26_2


平綴じようの小枝を切る。細いので,試しにオルファの「のこ刃」を使ってみたら,意外によく切れてびっくり。

ほかに「中綴じ・平綴じ用」穴開けガイド,針のいらない糸など秘密兵器を用意して明日に備える。


| | コメント (0) | トラックバック (0)