つくる

2020/09/04

Lanternfish ハダカイワシ

 

01_20200904145401

 

ハダカイワシ目ハダカイワシ科・ハダカイワシ。 

種にもよりますが、3センチから20センチほどの大きさで多くは10センチ以下と言われています。

鱗がはがれやすく、アミなどにかかっても鱗が残らず皮膚が露出した状態になってしまうためこのような名前がつきました。
一方英名 Lanternfish も名の通り、体側から体下面に点在する発光器により光る姿に由来します。

 

02_20200904145401

 

深海に住む魚には暗い故発光器を持つものが多いのですが、この魚の場合体の下面に集中して発光器がいますが、これは下からこの魚を狙う捕食者が海面を背景に見た場合(海面が明るいため)この部分が光ることで目立ちにくくなるということが理由として挙げられています。

迷彩でいうところの「カウンターシェーディング」の一種らしいのですが、マグロやサンマなどのように背が暗く腹側が明るい魚
のように、もっと海面に近い泳層に生活する魚ならばともかく、時には深海1000メートルにも達する泳層では全く光が届かない場所で光を出すというのは逆にリスクになるのでは…などと思ってみたりします。

 

03_20200904145401

 

それはともかく、この発光器が点々とついていたり、イワシ独特のちょっと間の抜けた顔がなかなかに可愛かったりします。

 

04_20200904145401

 

本体の素材は黒檀。 台座は流木。 目は真鍮パイプ、発光器はアルミ棒の象眼。

 

 

| | コメント (0)

2020/08/24

Scalloped Ribbonfish ソデフリウオ

000

 

最近は製本を少々お休みして木っ端で魚を作っています。
コロナ禍でステイホーム期間にコプト製本で使っていた木ぎれで糸ノコ盤のスキルを上げるために始めたのが結構面白い。
もともと魚が好きで図鑑も何冊かあるのでネタには困らないし、ネットで調べると面白い心躍る動画がいくらでも見つかる。

特に最近のお気に入りが深海生物。 極限の環境に適応したいわばそれぞれワンオフの形状をみせる彼らは魅力にあふれている。

木の場合塗装しないことを前提に制作すると、どうしても色みの限界があるわけですが、この辺は色々と試行錯誤しながら何らかの答えを見つけられればと思っています。

 

003_20200824172901

 

すでにいくつかあるのですが、最近作「フリソデウオ」から。 
英語名 Scalloped Ribbonfish のScallopはホタテ貝のこと。どうやらホタテ貝の貝がらのなみなみの形状なのか、貝ひものなみなみなのかどちらかは不明なのだけれども、そうしたなみなみのヒレに起因した名称らしい。 なみなみのヒレを持つリボン状の魚というような感じか?

長く伸びたヒレがまるで振り袖のようという日本名のほうが見立てとしては綺麗かな?
深海魚は同じ名前でも写真によって随分形状が違うので、あまり細かいことは気にせずイメージ重視で作る方が愛らしいカタチになっていくようです。

本体はシナの木、目は真鍮、体の模様は黒檀の象眼。 ヒレは真鍮線で、ヒレの先は真鍮線を曲げてカタチを閉じ、閉じたカタチを半田で埋めて削りだしています。

台は西伊豆で採集した流木。

 

001_20200824172901


マンボウに似た深海魚「赤マンボウ」の仲間で、お友達にはリュウグウノツカイなんてのもいます。

フリソデウオはあと二匹作りかけがスタンバイしています。

 

 

| | コメント (0)

2018/12/26

MINI BOOK

01


クリスマスプレゼントにおまけでつける<MINI BOOK>をつくる。
表紙には昔のペーパーバックの表紙。

絵もタイポグラフィーも手作業が基本なので、現在のグラフィックに比べ味がある。

ただ、インクが弱いため汚れとりでアルコールなどで拭くと溶けてしまう。 また、紙も酸性紙のため、折り込むと割れてしまうのが難点。


02


中味はストックの本かがりミニブック。

表紙は本に合わせて何種か切りとる。


03


背にクータを貼り付け、その上から背表紙として緑のスキバルテックスを貼り込む。

その上から表紙を貼りプレスして完成。

中味が出来ているためあっという間に出来あがる。


04


レトロフィットなミニブック結構面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/11

ひたすら、キル・オル・トジル

01


ここのところひたすら黄ボール紙を「キル」。
エッジを「ソグ」。


02


紙を「おる」。
その紙を「トジル」。


03


いろいろと量産。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

トルソーその後

001


オリジナルから型どりしたコピーボディをベースに、ネックレス用に胸部前面の形をさらに型どり(左図)。

生中線を基準に数カ所ポイントとなる直交したラインをマスキングでマークし、軽く左右対称を確認し、形を切り出す(中図)。

ボディー裏に新聞紙を丸めたものを詰め込んで形を整える(右図)。


002


2X4材から、足になる形糸のこ盤を使って切り出し十字に組んでニスを塗りたくる。
途中ハンマーで叩いたりスクレイパーなどでひっかいたりして傷をつけ色の濃さの違うニスを重ね塗りしエイジングをかける(写真)。


003


ボディーの表面に洋雑誌の切り抜きを重ね貼りし、軽く汚したりジェッソをかけたり…(左図)。

13ミリの鉄筋を柱にして廃材トルソー完成(右図)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

手機械をつくる(ただしミニチュア)

01_2


色々なかたちの木っ端があったので、手機械のミニチュアを作ってみた。


02


木っ端のほかは家にあった材料。

基本的なパーツは木っ端。 支柱は竹ひご(上図)。

ハンドルは太めの鉛の針金(中図)。
鉛は柔らかいので加工が曲げが楽だし、叩けば簡単に板状に加工できるので便利。 鉛なので、半田付けも可能。ただし、熱を加えすぎると鉛自体が溶けてしまうので注意。

支柱を押さえる金具は板おもりを切り出して作る(下図)。

鉛の材料は以前釣りの仕掛け作りで使っていたもの。
趣味はどこかでつながるものである。


03


ハンドルに穴を開けてネジを固定(写真)。


04


各部を塗装。


05


そして完成。

6角ボルトはハンドルに使用した鉛の針金を金工ヤスリで面取りし断面を6角に削りだしてそれっぽく作る。 また、ネジは1.5ミリのスクリューポンチでまるく板おもりを抜いて貼り付けた。


06


縮尺1/9。 ネジを通す木部の穴をネジの系よりも若干細めに開けているので、実はハンドルを回して可動もするが、何せハンドルが鉛なので、変に力を加えると変形してしまうため動かないようにしてしまった。

こういう作業は実に楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

トルソーの型どり

011


娘がトルソーを手に入れたので、ついでに豆本ネックレスようのディスプレーボディを作ることにした。

とりあえずネックレスをかけてみて、どの程度型をとるかをマスキングでチェック。


012


型どりでトルソー本体を傷つけては申し訳ないので、全体にラップを巻き、前後でそれぞれ二分割、全体で4分割して作る。


013


接続部分は波線で切り、つなぐもう一方の型にその波線を写す。


014


写した波線で切り、分割された型をつないでいく。


015


とりあえずこんな感じ。 梅雨前はパッと乾いたが、雨の影響かなかなか乾燥しない。

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/04

豆本ボックスの塗装

02


豆本を保管するのにほこりにならず結構便利しているので追加塗装。
まとめて買うとロットによってなのか出来不出来が大きい。

一番困るのはささくれ。 触った感じがザラザラトゲトゲしている仕上がりのもの。

これは逆目方向にカンナをかけているためできる現象。
逆目とは木の繊維に逆らっている方向。 繊維が裂けてザラザラやとげとげができる。

仏像のような曲面が複雑な木工の場合、彫る都合で逆目に刃物を入れなければならない場合もあるが、この場合は恐ろしいほどの切れ味を持つ刃物を使う。

しかし、箱のような平板の組み合わせであれば、繊維に逆らわずにカンナをかければこのようなことは起こらないはず。

などと考えてみて、ふと気がついた。

恐らくザックリ組み上げてから仕上げをしているに違いない。 そうであればパーツを適当に組んでしまうことによって仕上げ段階で削る面が順目(きれいに削れる方向)と逆目が混じり、ザラザラな面がとそうでない面が混在するのもうなずける。

しかし、きれいな製品が揃っていることもあるので、現場の作業者の熟練度や気の利き具合によってバラツキが出るのか。

何となく作っている人たちの様子や雰囲気を考えるとちょっと笑えてきた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/16

紙折りサポート治具 制作

151


折り本ワークショップで使う紙折り治具が減ってきたので追加制作。

B6サイズほどのMDF板の短辺、長辺各一辺ずつに細い板を貼り付けるだけの簡単な構造だが、これがあると無いとでは紙折り作業のスピードと精度が圧倒的に違ってくる。 


152


ベースになる板はホームセンターであらかじめ切り出してもらう。

側面板も切り出してもらうと楽なのだが、意外にピタリと収まらないことも多く、結局は仕上げをしなくてはならないので、幅だけ指定して使う分自分で切り出すことにする(上図)。

まず長辺をボンドで貼る(中図)。 

ずれないようにクランプで固定(下図)。


153


短辺側の側面の板を張る前にサンドペーパーで調整(上図)。

きちんと長辺との角度が直角であることを確認(下図)。


154


長辺と同じくボンドをつけてクランプで固定(写真)。


155


完成。 右利き6枚、左利き用2枚出来た。

パーツさえ切り出してもらえば簡単にできるのでオススメ。
折り本に限定しないのであればA3位のものを作ると汎用性があって便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/24

板締め染め紙

237_2


ミニ和本の表紙用に板締め紙をつくる。


231


紙は市販の障子紙を使用。 障子紙クラスの強靱さがないと折って染めてを繰り返すと紙が裂けてしまう。

まず、紙を八等分にジグザグ折りにして帯状にたたむ(写真)。


232


ジグザグにたたんだ紙の短辺が二等辺三角形の二辺になるように折る。
目測で折っても良いが、一辺が二センチ程度の小さな三角形になるので折り筋をつけた方がきれいに折れる(写真)。


233


このような三角形のジグザグに折る(写真)。


234


三角形の頂点の一部を目玉クリップで挟み、染料につける(上・中図)。
目玉クリップで挟むのは染料が紙に余計にしみ出さぬため。しかし、なにぶん小さいので断面部分からかなりしみてしまうが…。

染料がついたら、目玉クリップをはずし染料に浸した部分を良く揉み込み、紙のなかに良く浸透させる(下図)。


235


この作業を他の頂点や稜線にほどこす(上図)。

染め作業が終了したらキッチンペーパーに挟み、板で締めて余分な水分をとる(中・下図)。


236


折り方によって基本的なパターンは決まってくるが、染料のしみこみ具合によって微妙な形の差がでてくるが、こればかりは開くまでのお楽しみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)