改装本

2018/05/22

無印良品・週刊誌4コマノートミニの改装

1101


無印良品・週刊誌4コマノートのドイツ装への改装。


1102


週刊誌4コマノートはマニアうけするノートで、熱狂的なファンがいる一方売れ行きはいまいちなのか、いつの間にか店頭から消えているということが多いようだ。

現在も、数ヶ月ほど前には店頭に積んであったのに、現在はネットショップをはじめ近所の実店舗にも置いていない。

試しにある店舗で聞いてみると、どうやら廃盤ではないが現在どの店舗にも置かれない状況で、一応注文は受け付けているとのこと。 

ちなみに他店舗では全く状況がわからないとつれない返事。 やる気のある店とそうでない店の差がこうしたところに現れるものだ。

取り寄せ時期については一ヶ月後程度みて欲しいという話だったが、昨日商品が用意できたとの知らせが来た。 一ヶ月どころか一週間で手にすることができた。


1104


オリジナルのノートはA4サイズ、一折り88ページ、中綴じホチキス止めの週刊誌スタイル。

改装ではこれを二冊分を一冊にまとめた。 計176ページ、つまりA4サイズ44枚の用紙を4枚一折りに組み替え、11折りの本かがり丸背仕様に変更。

週刊誌のようにかなり多い枚数の用紙をまとめて半分に折ると、紙の厚み分一番外側の用紙が一番内側の用紙よりも小口側が短くなる。つまり、小口の形状が束の上から見たときに束の中央ページを頂点として、最初と最終ページに向かって山形になってしまう。

これを吸収するために週刊誌等は断裁して小口を平らに仕上げている。

つまり、週刊誌タイプの用紙は広げると中央の紙の大きさと最初・最終ページの大きさは厚みの影響が出た分差が出ることになる。

今回の改装ではオリジナルのノートの内側の紙から外側の紙へ順に4枚一組で順に重ねることで、斜めの小口を残してみた。


1103


背と表紙を別に取り付けるドイツ装=ブラデル装。
今回は表紙に使った布の赤と同系統の赤いスキバルテックスを背素材に合わせ、背と表紙が別々に作られているというよりは一体感を重視したデザインにした。

ちなみに表紙布は製本倶楽部のクマ氏が原宿あたりで調達した布をこっそり使用。


1105


娘が絵の勉強を始めたので、そのアイディア帳として使う予定。


1106


実は斜めの小口はページが大変めくりやすいと言うことが判明。
しかし、実際のところ使っていくと何かしら問題点も見つかるかも知れない。

新たな週刊誌4コマノートを入手したので、今度は自分用に作って実際に使ってみよう。 


1107


ところで、ドイツ装の名称については合本ノート記事でも紹介したが、ドイツ装の名は「製本工房リーブルの岡野さんの<豆本をつくる>が初出」であることを同じ記事にYKさんがコメントを残してくださったことで解決。
YKさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その5

96


表紙の仕上げ。

背表紙の厚くなった天地の折り返し部分間の段差を同じ厚さの地券紙で埋め立てる(上・中図)。

同様に折り返しで段差ができた平表紙裏も地券紙で埋め立て(下図)。


97


本文と表紙の接合。

最初に背部分のみ接着する。 濃いボンドを本文、表紙の背部分に塗りつけ天地のチリが同じになるように注意しながら貼り付ける。

貼ったあとは下敷きなど薄く堅い板を本文の中央付近のページへ差し入れグッと押し込み密着させる(写真)。


98


背のボンドが乾くまでミゾ付け板に挟んでおく(上図)。

本文と表紙がついた(下図)。


99


見返し糊入れ(写真)。


910


見返しに吸湿用の水彩紙を差し入れMDF板に挟んでプレス。

そのご、何度か水彩紙を替え、一晩プレスして完成。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/10

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その4

91


表紙の準備。

クータのついた背の耳から耳までの距離を紙を巻いて実測。


92


背幅をディバイダーで測り取り、地券紙に移し切り出す(上・中図)。

背表紙素材に切り出した地券紙を貼る(下図)。

このあと地券紙の左右にそれぞれミゾの分(約6ー7ミリ)と平表紙との連結部分(約20ミリ)を残しを、天地に折り返し分15ミリを残して背表紙素材を切り出す。


93


表紙ボールの裏側に背表紙との連結部分の段差が目立たないようにボール紙を0.7ミリ程度剥ぎ取る。

最初に接合幅20ミリ位置にカッターで切り込みを入れる(上図)。

ボール紙を薄剝ぎする(中図)。

ペーパーで全体を平らに均す(下図)。


94


表紙素材にボール紙を貼り込む(上図)。

四隅を斜めに切り落とす(中図)。

長辺のみ表紙素材を折り返す(下図)。

短辺は背表紙と連結してから折り返す。


95

準備ができた背表紙と表紙(上図)。

連結する表紙の裏(段差をつけた部分)に濃いボンドを塗り、背表紙を貼り込む(中・下図)。

裏表紙も同様に背表紙に貼り込む。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

合本ノート その2

2401


平表紙の準備。

ドイツ装は最初に本文へ取り付けた背表紙素材に表・裏の平表紙を取り付けるスタイル。

そのため、背・平表紙を一体で作り、本文にくるんでいく「くるみ表紙」よりも強い構造と言われている。


2402


表紙素材の切り出し。
折り返しの15ミリ分の目安を幅定規でとり、それに合わせて切り出す(上・中図)。

溝付き本のように表紙素材の折り返しに段差がないためサクッと仕上がる(下図)。


2403


今回はノートの合本なので、ミゾはないため背から1ミリほど間隔を開けて表紙をつけることにした(この辺の空き具合は好みの問題)。
余分なところにボンドがつかないようにマスキングでカバー(上図)。

背表紙部分は異素材同士の接着で剥がれやすいため、濃いボンドをしっかりつける(下図)。


2404


ボンドのマスク兼 接着位置ガイドのマスキング位置に表紙を合わせ、ギュッと体重をかけ押さえ、プレス機で挟み完成。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

リングノートの改装(プロトモデル)

01271


リングノートの改装。 お題は無印良品のA6ノート。


01272


リングノートは<開きのよさ>を追求した機能主義的美しさがある。 
だが、剥き出しの構造ゆえの味気なさを感じることもある。

そこで、クロッキー帳の改装に引き続き、一般的なリングノートの改装に着手。 クロッキー帳との違いやリングノートの改装の問題点を考えてみた。


01273


リングをはずさない上での限界は見返し部分の扱いだろう。
表紙の折り返しと見返しがリング穴の手前で切れてしまう。そのため、オリジナルの黒ボールが見えてしまう(下図)。

ここの完成度を上げるにはリングはずし、付け直しの必要があるため、難易度は高くなってしまう。 


01274


最大の問題は開いたときの背の出来る隙間。
特にクロッキー帳に比べリングの露出が多いため、接着できない幅が広くなり、これがノートを開ききったときにだらしなくふくらんでしまう。

同じリング構造でもクロッキー帳との作りの違いが明確にでるのがこの部分だ。


01275_2


前回のブログでも書いたが、クロッキー帳の表紙は折って曲げ伸ばすことが出来るクラフトボールの表紙が本文をくるむ構造になっている。 そして、表紙を含む本文の厚さ=背幅程度リングが露出している(上図)。

一方一般的なリングノートは表表紙と裏表紙は別パーツとして本文を挟む形式のため、リングは表のリング穴から裏のリング穴まで露出する(下図)。


01276


そのため、クロッキー帳では接着できないリング部分は背幅のみになるので、開いたときの隙間はさほど気にならない(上図)。

一方一般的なリングノートではリング穴からリング穴までの接着できない部分の幅が大きいため、開いたときの隙間はかなり大きくなってしまう(下図)。

これを解決するにはたとえば背部分を幅広のゴムのような伸び縮みする素材にしてはどうか?とか、一端リングをはずして背部分だけでもクロッキー帳のようにくるむようにしてはどうか?などとかんがえるも今のところ具体的な名案は浮かばず。


01277


とはいえ、今回作ったノートも使用することには特に問題ないので、じっくりとアイディアでも書き込んで答えを出すことにしよう。


保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/02

リングノートの改装(プロトモデル) その3

01269


表紙裏の表紙素材の折り返しで出来た段差を地券紙で埋め立てる(写真)。

地券紙の埋め立てはリング穴の手前まで。


012610


マーブリング模様の表紙に古地図の包装紙を見返しに使ってレトロスタイルに(写真)。


012611


ハトメでのゴム留め仕様(写真)。


012612


完成!


 

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/31

リングノートの改装(プロトモデル) その2

01265


背の表紙をつける。

背幅はリングが露出している部分の外周とする(上・中図)。

接着剤の付かない背部分は同じ素材で裏打ち(下図)。


01266_2


平部分は布のため端の糸ほつれ防止で2ミリほど背素材をオーバーラップさせる。  

重なり位置はマスキングテープで示す(写真)。


01267


背素材側にボンドを塗ってマスキングのラインに合わせ接着(写真)。


01268


表紙裏に厚紙を挟み、リングをよけてしばしプレス(写真)。

続く


 

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/27

リングノートの改装(プロトモデル) その1

01261


クロッキー帳に引き続き、一般的なリングノートの表装の試作にとりかかる。


01275


クロッキー帳と一般的なリングノートの違いは綴じ素材のリングの露出具合。  

クロッキー帳はクラフトボール(板紙)が用紙全体をくるむように巻かれ、リングの露出は円周の1/3程度(上図)。

背から見るとリングは背幅内に収まっているため、表紙素材の平部分は全面を接着することになる。 

一方一般的なリングノートは本文がこれより若干大きめの表・裏二枚の表紙に挟まれた束がリングで留められており、クロッキー帳とは逆にリングが2/3程度露出している(下図)。

そのため、表紙の平部分のリングを通す穴から背方向はリングがあるため接着できない。

この構造的な問題がどの程度使用にマイナスの影響が出るかが検証のポイント。


01262


四半装にするため、表紙素材の切り返し位置をマーク(上図)。

今回は平部分を布、背部分をスキバルテックスで仕上げるので、最初に布を断裁(中・下図)。


01263


切り返し位置を印したラインの数ミリ手前までボンドを塗る(上図)。

切り返し位置までのボンドの塗り残しを布側で補填(中図)。

切り返し位置に合わせて布を貼り込みあて紙をしてヘラで密着(下図)。


01264


折り返し部分を残して布の余分を切り落とし、折り返し接着(写真)。

つづく。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/23

クロッキー帳の改装 リングノートver.

01191


リング式クロッキー帳の改装。

リング式ノートは金属やプラスチックのリングで穴の空いた紙を綴じたノートだ。各用紙がお互いに調節連結していないので開きが良いのが特長。 

改装についてはその構造(リング)自体を改変するのは難しいため、どちらかとどちらかと言うとブックカバー的な方向の表装になる。

出来るだけブックカバーっぽくない一体感のあるデザインを心がけた。


01192


背布と平の紙(スキバルテックス)を切り返した「四半装」仕立て。

変わりストライプの布を横に使い、太めの赤いストライプと同色の平の紙の色を合わせ、飛行機のフラップのような可動する雰囲気を出した。


01193


リングで綴じられた表紙を利用することになるので、上から見たときの背部分がだらしなくならないようにした。


01194


見開きを180度開くことに全く問題なし。


01195


ただ、クロッキー帳として考えた場合、折り返すように360度開いた場合、背の布が若干ストレスになるところが問題か?

もっとも、使っていく中で背の布に折り目のくせがつけば気にならない程度になるだろう。


01196


当たり前のことだがガラッと印象もかわり、同じクロッキー帳を使っている人との差別化もはかれ愛着がわきそうだ。

いま、無印良品のリングノートを使っているので、今度こちらも同じように改装してみようと思う。

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

クロッキー帳の改装  その2

01181


平部分に表紙素材の紙を継ぐ。
背から回り込んだ素材が布地のため、ほつれ防止に5ミリ弱紙素材を重ねる。 ボンドがはみ出して布地を汚さないようにマスキングテープで保護(上図)。

布地に重なる部分をよけて表紙にボンドを塗り、布地に重なる部分は紙裏にボンドをつける(中図)。

マスキングテープをガイドに紙を貼り込む(下図)。

表面からヘラを使ってしっかり密着させる。


01182


表紙素材の紙は折り返し分を残して切りとり、四隅を斜めにトリミングしてから折り返す(写真)。


01184


表紙裏は表紙に使ったものと同じ紙で埋め立てる(上図)。

おおよその形を切り出して、現場あわせで必要な形を切り出す(中図)。

切り出した形は左右(ノド側か小口側か)を間違えないように鉛筆で印をつけておくとよい(下図)。


01185


見返し貼りの場合は折り返した表紙の上から紙を重ねるため、0コンマ数ミリずれてもそれほど気にすることは無い。 事前に見返し紙を糊で紙が伸びる分を切り詰めた上で見返し紙側に糊をつけ、表紙裏に貼り合わせる。

しかし、今回のようにピタッとズレや隙間なく埋め立てる紙を収める場合は紙の伸びを極力抑える必要がある。 そのため、表紙裏側の大部分に糊を塗り、埋め立てる紙の方は紙のキワ1センチほどのみつけるようにする。

こうすることで、埋め立て側の紙の伸びが抑えられピタリと形を合わせることが可能になる。


01186


ほぼ毛抜き合わせ状態で裏の埋め立てが出来た(上図)。

リングノートで凸凹が多いので、手機械でプレスするのではなく、重めの美術書を積み上げて挟む。  

一晩乾燥させて完成。


 

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧