豆本

2017/12/25

干支ミニ折り本 戌年2018

241


クリスマスプレゼント交換用に作った干支ミニ折り本。
来年の干支「戌」の切手をあしらった。

手持ちの切手にあまり種類がなかったが、ちょっとレトロな雰囲気の秋田犬、狛犬がおもしろい。

表紙布には川越唐桟を使用。


242


簡単な構造の折り本だが、表紙のエッジをなめらかにしたり、切手を貼る部分のボール紙を薄剝ぎしてすこしへこませるなど、手をかけることでグッと雰囲気がよくなる。 小さくとも手を抜かないことが大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/18

干支ミニ折り本 その2

155


表紙ボールを切り出す(左図)。

表紙ボールの四隅をカッターで面取りし(中図)、

ペーパーで丸く均す(右図)。

こうすることでエッジのあたりが柔らかくみえる。小さい本なのでちょっとしたことだが効果が大きい。


156


切手を貼りこむ部分に切り込みを入れ、0.5ミリほどボール紙を薄はぎする(左・中図)。

平らになるようにサンドペーパーで表面を整える(右図)。


157


細いストライプ柄で、ボール紙を貼り込む裏側から縞模様が見えづらい場合は、ストライプに合わせて巻き込む幅+を折り(左図)、その折り目に合わせてボール紙を貼れとずれずに済む。

ボンドを塗り、表紙素材を貼る(中・右図)。


158


四隅を落とし、折り返し部を巻き込む(左図・中図)。

切手を凹みに貼り込む(右図)。


159


本文と表紙を貼り合わせる。

折り本は見返しがないので、表紙と本文を全面接着すると、利き紙(本文と表紙が接着される1枚目の本文紙)と次ページの質感が変わってしまう気がするので、紙の四隅、ほぼ表紙素材が折り返された部分の幅(約12ミリほど)に糊をつける(左図)。

四隅のチリが均等になるように位置決めして接着(中図)。

必ず紙側からヘラでしっかりと接着部を密着させる(右図)。


1510


ギュッとプレスして完成。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/15

干支ミニ折り本 その1

151


来年の干支「戌」の切手を切手ボックスを捜索。

圧倒的に人物が多く、その他建物や風景が続く。 自然の生物でいうと「絵」になりやすいのか 花や鳥、蝶が多い。


152


戌(犬)はというと、数百枚ある切手の中  たったの4種5枚。

長い年月集めていれば12年に一度は干支がひとまわりするので、年始の記念切手くらいは何種か集まりそうだが、残念ながらこのコレクションは私が小学校4年生の時にいろいろな人に頼んで収集したもののため記念切手は一種類しかない<オレンジの切手>(左写真)。

後はハチ公のような秋田犬2円切手、香取神宮の狛犬200円切手、そして中国の切手。

とりあえず見つかった5枚を水浸し乾燥させる(写真)。


153_2


用紙は紙棚にあった新鳥の子紙の切り落としを適当に中おもてにふたつ折りにし(上・中図)、十二枚一組にして正方形に切ったものを使う(下図)。


157_2


用紙は背と小口を交互に重ね合わせ、蛇腹になるように正麩糊とボンドの合わせのりで貼り合わせる(写真)。 


154_3


中味ができた。

つづく。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/05

ミニ和本

281_3


ミニ和本3種。

和本なので右綴じが基本だが、自分用なので、左綴じを二冊。


282_2


表紙には自製板締めの和紙を使う。
本自体が小さいのでパターンを小さくしようと思うと折った形が小さくなるため模様を均等に出すのが難しい。

もっともそのバランスが崩れたあたりがおもしろかったりもする。


283_2


今回の中味は中国の紙なので、和紙とはいえないが、和紙同様しなやかで開きは良い。 洋紙の平綴じは固くて無理に開くと紙に折れや癖がつくが、和紙の場合のど元から開いてもそれほど紙が傷むような感じはない。


284_2


綴じ糸は外に出ているし、接着箇所も少なく、使う糊がデンプン糊なので、簡単にばらすことが出来るのも和本の特徴。
また、とても軽いので、持ち運んでも重さを感じないのもよい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/01

Long Stitch Note XXX 

04121


同じ長さや幅を切りそろえる場合、測るたびに定規の目盛りを確認していてはどれだけ正確に読み取っているつもりでも突きそろえてみると意外にピタリとは切れないものだ。

故に普段の作業ではメモリを観るのは最小限にして、いかに物理的に形を得るかに重点を置いている。

市販の物理計測グッズとしてはディバイダーや直定規のストッパーが最も使用頻度の高い道具だ。

市販の道具がない場合は自作と言うことになるが、最近特に製作頻度が高いのがアルミ板を使った「幅定規」同じサイズの形を切り出すときにそのサイズに合わせた幅でアルミ板を切り出すだけの道具。

1ミリ弱の厚みなのでカッターで筋を付け、何度か折り返すと簡単に分けることができる。 切り口のバリを軽くペーパーがけするだけで出来上がり。 

今回は折丁の小口切りに使用(写真)。


04122


これもジグの一種。 
背の目引きガイドと表紙革に開ける穴開けガイド。
折丁と同じサイズに切ったボール紙の両端にそれぞれの位置をしている。

目引きガイドは折丁を天から見て、一番外と一番内までの距離を測り(上図)これをカッターで切り込みを入れる深さとして、ガイドに印していく(中図)。

革への穴開けガイドは目引きと同じ位置にスクリューポンチで半丸分切り欠きを作る(下図)。


04123


折丁への切り込みは自作「寄せ盤」の角に折丁とガイドを重ねて置き、印した深さへカッターで切り込みを入れるだけ(写真)。


04124


革への穴開けも革裏に穴開けの線を折丁分引き、その線にガイドを合わせ、印に沿ってスクリューポンチで穴を開けていく(写真)。


04125


あとは縢っていくだけ(写真)。


04126


今回は表紙に本を留める革帯の差し込みを縫い付け、底へ先端を折り返しループを作った革帯を差し込み差し込んだ革帯のループへ枝を差し込んで固定する仕様(写真)。


04127


以前作った< I X X X I > パターンとの違い。
XXXとXが連続しているため模様の見え方がスマートで個人的にはこちらがすきなのだが、折丁の内側を通る糸が二重に通るところが出てしまうのが難点。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/08

豆本ネックレス

04031


豆本ネックレスを追加製作。
今回は従来のものより折を一つ減らしサイズを若干大きくし、いくらかスマートなシルエットにした。

ネックレスとはいえ、糸綴じ本で実用出来る仕様のため、様々な道具が登場する。 

行程も多いが10冊程度まとめて作ると流れ作業の飽きも来ず作業効率が良い。


04032


ベルト留めが基本だが、10冊のうちいくつかは変わった止め方のものを作る。 今回は枝止め、ボタン留め、こはぜ止めが加わった。

こはぜの素材には以前浅草橋で購入した鯨の骨を仕様。
糸のこ盤で薄くスライスしたものを整形して使った。

一般的なこはぜ型に整形したが、波形とかジグザグとか形をかえても面白いかもしれない。


04034

今回のラインナップ。 ボタンver.の後ろに鯨骨のこはぜver.がかくれてしまった…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/04

Mini Long stitch Note

03301_2


ミニ  ロングステッチノート3種。


03302


新しい二種はボタン留めとベルト留め。 


033025


綴じ糸の取り回しはベルト留めが目引き二カ所、ボタン留めが折丁に目引き一カ所。 


03303


ボタン留めの折丁の小口は波形カットで表情をつけている。 

これはこれで意外とページがめくりやすい。新聞の小口にギザギザカットされているものがあるが、あれと同じで指にページが引っかかるためだ。


03304


糸の取り回し方、表紙の留め方で色々なバリエーションで作っていくのがこの製本の楽しみ方のひとつ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/31

Making of Mini Long stitch Note

03296


ミニロングステッチノートを追加製作。


03291


今回は折丁にひと工夫。

折丁の背を寄せ盤の端にそろえて並べる(上図)。

折丁の幅に丁度良い定規をあててウェーブカッターで小口をカット(下図)。


03292


折丁ごとの小口に出来た波が出来るだけバラバラになるように並べ替える(写真)。

小口に表情をつけるため手漉き紙の耳を残したり、小口部分をちぎったり,喰い裂きにする方法があるが、ウェーブも意外に面白い質感になる。


03293


目引きは小さな曲尺とカッターの組み合わせでサクッと切り込む(写真)。 

慣れればほとんどずれることはないが、あまり神経質にならずに多少ずれたり深くなっても気にしない。


03294


あとは縢るだけ。
ロングステッチはこのように開くと折丁がパッとひらくところが面白い。


03295


今回はボタン止めとした。
切り込みを横に入れてしまったが縦が正解か。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/16

MINI LONG STITCH NOTE   ミニロングステッチノート・試作

02090


久しぶりにロングステッチノートをつくる、ミニで。


03091


ミニネックレス同様、短冊に切った紙を二度おり、折丁を作る。


03092


ロングステッチは穴の開け方、糸の取り回しかたでバリエーションを楽しめる製本だが、これは一番シンプルなスタイルで、背には糸綴じの穴は一カ所と手間いらず。

穴開け位置をミニ曲尺と定規で決める(上図)。

曲尺にあわせてカッターで深さ2ミリほどの刻みを入れる(中・下図)。


03093


短冊を折った折丁の小口には袋部分があるので化粧断ち。
ミニなので寄せ盆に並べ一気に断裁(写真)。


03094


カバーになる革の背に糸を通すスリットを入れる。
最初にスリットの両端は裂けどめとしてスクリューポンチで1ミリの穴をあけてから穴と穴の間をカッターで切れ目を入れる(写真)。


03095


かわの背部分に開けた穴(上図)。

折の内側から革に開けたスリットに糸を出し、革の天地に糸を取り回して折丁を縢っていく(中図)。

縢り完了(下図)。


03096


革は本文の小口を巻き込み、共革の紐でぐるりと巻いて反対面に開けた穴にY字型の木ぎれを差し込んで留めるスタイル。

構造としてはとてもプリミティブな製本なので、こうしたワイルドな仕上げが似合う。


03097


小さいがもちろん実用可。


03098


革ひもや編み込んだ麻ひもで作ったストラップと組み合わせるのも良いかな?


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/19

豆本ネックレス 3

12180


散歩をしていたらイノシシのような車を発見。
エンブレムもイノシシ、フェイスもイノシシ。
可愛い・格好いい。


12181


豆本の表紙づけ。
本文サイズにチリをプラスして端革を切り抜き、表紙を固定する革ひもの穴を開ける(上図)。
裏には通した革ひもの出っ張りを吸収するようにミゾを彫刻刀で入れ、ボンドをつけて革ひもを通す(下図)。


121822


革ひもの出っ張りを出来るだけ目立たないようにするため金属ローラーでプレス(写真)。


12183


本文にボンドをぬり、革と結合(上図)。

飾り金具を付けて完成(中・下図)。


12184


アトリエの玄関に置いているが、興味を持って頂ける方が多く、出来るだけ在庫は欠かさないよう気をかけています。


12185


また、出来るだけデザインや色など少しずつ変化をつけるようにしているが、意外に変わった色が出てしまい、今残っているのは似たようなものになってしまった。

豆本ネックレスは糸綴じされた中味で、実際に使用できる様になっている。 先日購入して頂いた方は個展などに出かけた際、作家さんのサインを書いていただくのに利用しているとのこと。 
大仰なサイン帳ではないため作家さんもおもしろがって喜んで書いてくださるそうだ。

なるほど。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧