小技

2011/09/02

カッターで紙の束を切る,ということ その2

紙の束を切るときのトラブル

1. 切断面が汚くなる

●切断面が汚い理由としてまずあげられるのは<カッターナイフの刃>が切れなくなっていることだ。



 カッターナイフ(以下カッター)は<刃>自体が薄いので、変な言い方だが「相当切れなくなっていても結構切れてしまう」。

 紙が一枚か二枚それなりに切れればよいというのなら、多少切れ味が鈍っていても切れなくはないが、<切断面のきれいさ>を追求するならば、こまめに刃を折る習慣をつけたほうがよい。

 

見た目で刃の先端が欠けていないように見えても,カッターの刃は数回使うだけで切れ味が鈍っているものだ。



 紙の中には,表面をなめらかにするため”カオリン(粘土のようなもの)”や”炭酸カルシウム(顔料)”を塗った塗工紙(アート紙、コート紙、インクジェット専用紙など)と呼ばれるものがある。



 これは,紙の表面に薄い砥石が塗布されているようなものなので、これを切ると,刃物の切れ味が落ちるのがとても早いので特に注意が必要だ。

 また、紙の目に逆らって切る方が紙の目に沿って切るより切れ味が落ちるのが早いようだ。

●切る時にカッターを持つ手に力を入れすぎるのも切断面を汚くしてしまう原因の一つだ。カッターのような薄い刃は力を入れすぎると刃が簡単にたわみ,切断ラインが微妙にずれて切断面がゆがむ。



カッターは押し切るタイプの刃物ではないので、スーッと滑らすように使うとよい。スーッと滑るように癖がつくと刃の切れ味が落ち様子も感じ取りやすくなる。 

●カッターの刃は紙の面に対してあまり刃を立てすぎないこと。

立てすぎると紙をひっかくような形になり,切断面が汚くなる。特に薄い場合は注意。水平面に対しての刃の角度は30度程度までがよいと思う。ただ,紙の束のような厚みのあるものを切るとき,あまり寝かせすぎるとカッターのホルダーが定規に当たるので注意が必要だ。


 ちなみにカッターの刃先の角度はは60度なので,切るときに刃の先端の辺が垂直のとき,刃は水平面に対しての30度の角度にになる(図)。


Cutterkakudo

●錆びたカッターの刃は使わない。また,おろしたての刃には「さび止油」がついているので,手を切らないよう気をつけて拭き取る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/01

カッターで紙の束を切る,ということ その1

「手製本」では、綴じた紙束の切り口をきれいに整え、見栄えをよくする,”小口断ち”・”化粧断ち”という作業がある。これは,仕上がりの見栄えに直接関係するため,歪みなく真っ直ぐ仕上げたい行程だ。

 

個人の手製本では,小口断ちは通常カッターと定規を使って行う。しかし,定規とカッターを使った断裁は手作業ゆえ<ズレ>や<ゆがみ>を完全になくすことは難しい。



結論から言えば<きれいに仕上げたければ”数をこなす”こと、つまり時間と経験を積むこと,につきる。とはいえ,可能な限り綺麗に仕上げるコツのようなものがないか考えてみた。

もちろん,私自身完璧にはほど遠い位置にいるため,あくまでも参考程度にしていただけるとありがたい。




紙束を切ると言うこと

一枚の紙を定規とカッターを使って切るのは簡単だ。コピーし程度の紙なら髪の毛ほどの厚さもないため,単に平面を二つに切り分ける「二次元的」な断裁だからだ。この場合,定規とカッターがずれなければ失敗はしない。



しかし,これが数十枚重なった”紙束”になると話が変わってくる。平面を二つに分けるとに厚さ方向が加わる「三次元的」断裁になるからだ。



厚さ方向つまりZ軸方向でカッターのガイドとなる定規がないため,断面が斜めになったり歪みが出ることになる。



歪みの状況は次のような3パターンに分けられる。


1.切断面が汚くなる 
2.切断面が垂直ではなく斜めになる 
3.切断面がゆがむ 


次回以降,この3パターンの歪みの原因と対処を考えてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

ミスの少ないテープのはがし方

04271



紙に貼ったテープやマスキングをはがすと紙
もはがれてしまう。そのような経験は誰にで
もあるはずだ。そもそもテープの類はモノを
貼付けるように作られているのだから仕方が
ないといえば仕方がない。

しかし、はがし方を工夫するだけで今までペ
リッっとなってしまったことの何パーセント
かきれいにはがせる可能性が出てくるはがし
方がこれ。



04272



はがす際このように上へ向けて引っ張ことは
最もしてはいけないこと。 紙の面を厚さ方
向へ引っ張ることになり、表面をはがしてし
まう要因になる。



04273



端を慎重にはがしたら、すぐにテープを折り
返し、紙の面に対して平行にゆっくりと引く。



04274



引く角度は貼ったテープに対して45度、つ
まり、折り返しのラインが最大の長さになる
ように。 こうすることで、引く力を最も幅
広い面で受け止めることになり、紙への負担
が減少するのだ。



04275



はがしたあとのマスキングテープ。このよう
にカールする。はがすということの負荷が紙
ではなくマスキングに多くかかっているとい
うことか。

折り返し法というはがし方だが、効果は絶対
ではないので、試す際は個人の責任において
行ってほしい。





*小枝 = こえだ。 小技(こわざ)よりもちょっとした工夫やTips。

| | コメント (0) | トラックバック (0)