« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その1 京都 | トップページ | 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 »

2019/11/08

仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2 奈良

09_20191107115001

 

思ったより京都での滞在時間が長くかかってしまったため、近鉄大和西大寺駅でレンタサイクルを借りて西大寺近辺の寺社から奈良駅方面へ向かう予定を変更し、新大宮駅でおりて法華寺経由で奈良方面へ散歩することにした。

駅前から始まって、要所要所に法華寺への案内看板があるのだが、看板を観るたびにそこにある残り距離が多くなったり変わらなかったり…、いつ着くのか心配になってしまう。 奈良の地図を持っていかなかったのも悪いのだが。

にスマホも持っていないので、完全に何となくあたまに入っているおおよその位置関係だけでの散歩だ。

奈良に行くときは地図はなくとも和辻哲郎の「古寺巡禮」は持って行く。

これをバスや電車での移動中読みながらこれから行く場所への期待をふくらませるのが楽しい。

和辻が巡った頃の古都の空気は景色を含め全く変わってしまったに違いないが、歩くことによって、ビルの間から見える若草山や佐保川の流れ、遠くに見える東大寺の大仏殿など当時の景色の片鱗を感じることができる。

いにしえびとも徒歩や牛車、馬などでこうして行き来した姿を想像しながら歩く。

 

11_20191107115001

 

さて、法華寺。

何と言ってもここで観たかったのは維摩居士像。 
居士とは釈迦の在家の弟子意味だが、彼は在家にありながら大乗仏教の奥義に達したと言われる人物で、文殊菩薩との問答が有名。 

彼も一種の仙人といえるだろう。

法隆寺五重塔にある塑像に次いで古く、天平末期の作といわれる。
木造乾漆像と思われていた肖像像だが、木造であることがわかり、二年ほど前に国の重要文化財から国宝に格上げされた。

乾漆像には脱活乾漆像と木造乾漆像があり、脱活乾漆は粘土で大まかな形を作り、それに麻布に漆を塗りつけたもので整形し、細かい木くずに漆を混ぜた粘土のような木屎漆で仕上げる。 
漆が硬化たら中の粘土は取り除き変形がないように木の棒材などで内側に骨組みを作る。

木造乾漆像は粘土の代わりに大まかな形を木で整形、細かい造作をさきの小屎漆をつかって仕上げる。

天平には木造仏はほとんどないためその希少性により国宝に格上げされたのだろう。

つくられ方はともかく、前々からこの維摩居士坐像は観たいと思っていた肖像。

多分架空の人物なのだろうが、今にも語りかけんとする表情の写実性は天平期ならではのリアリティ。
目の前に「その人がいる」感は天平作品ならでは。  

本当に素晴らしい作品だ。

期せずして秋のご開帳時期だったようで、光明皇后を模したと伝えられる秘仏十一面観音も観ることができた。
平安期の作品なので、光明皇后を模したというのは伝説なのだろうが、像高一メートルほどの檀像風の細かい仕上げ。
思ったより線香の煙でいぶされているのか、写真で見るよりは色が濃い印象。

信仰の対象なので比べては申し訳ないが、天平仏を観たあとに平安仏をみると神々しさのスタイルのようなものが感じられ、像から迫ってくるリアリティはあまり感じられなかった。 

あくまでも個人的感想。

本堂を出る前にもう一度維摩居士像をしっかりと目に焼き付ける。

 

10_20191107115001

 

寺域には有名な空風呂があったり、わらぶき屋根の家があったり、素敵な庭があったり。
どこも綺麗に掃き整えられすがすがしい気持で寺を出た。

佐保路を東進し奈良町方面へ向かう。

 

12_20191107115001

 

まずは興福寺。

落慶した中金堂を見学。 

とても綺麗。できたばっかりだから。

 

13_20191107115001

 

南円堂・北円堂の同時開扉があったので、観たかったが拝観時間のタイムアップ、残念。

 

14_20191107115001

 

さすがに歩き疲れたので商店街に行き、はじめてナタマメに出あった刀祢穀物店で新しい豆を入手後、喫茶店で一休み。

そのご夕食を軽く食べる。  

時刻午後7時半。

バス発車まであと3時間ほど。

つづく。

 

 

|

« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その1 京都 | トップページ | 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 »

散歩」カテゴリの記事

コメント

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

投稿: omachi | 2019/11/22 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その1 京都 | トップページ | 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 »