« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 | トップページ | 美術教育のこと »

2019/11/27

東京国立博物館 

01_20191125223901

 

最終日直前の土曜日にトーハクへ正倉院の世界展を観に行く。

大変な混雑と聞いていたので、それなりに覚悟して行くも、一方で雨交じりの天気だから大丈夫かもとの期待も。

土曜は夜九時までの開館なので、午後四時近くに到着。 券売機付近に行列が見えぎょっとするが、待ち時間30分ほどとのこと。ひどいときには7ー80分待ちもあったようなので、我慢の範囲内。

それなりに並んではいるものの意外に回転はいいようで、20分ほどで開場に入ることができた。

 

02_20191125223901

 

正倉院展は毎年奈良で開催されているが、東京での開催は令和天皇即位記念の特別展示。

目玉は世界にひとつしかないといわれる螺鈿紫檀五絃琵琶だが、残念ながら後期展示ではレプリカのみの出展。が、代わりに4弦の紫檀木画槽琵琶 が出展。(写真は螺鈿紫檀五絃琵琶、螺鈿紫檀阮咸のレプリカ)


写真でも見たことのない初見の琵琶。 派手さはないが、細工は螺鈿紫檀五絃琵琶に劣らず緻密で精巧、宝物の名にふさわしい出来で感動した。

また、布地類の出品も多く、臈纈染めや夾纈染めによる素朴な雰囲気の図柄は奈良時代のおおらかさが感じられた。

正倉院展といいつつ実は法隆寺献納宝物など東京国立博物館で見られる作品も多い。

全体的には作品はそれほど多くない印象。 混んではいるものの二重三重に人が囲んでいるというわけでもないので、しばらく待てば観たい作品の前に立てるので、それほどストレスは感じなかった。 

が、先日購入した単眼鏡が威力を発揮した。

03_20191125223901

 

二時間半ほどかけて正倉院展を見終わった後、東洋館で開催中の「人・神・自然」展を観る。

常設展の一環としての特別展示。  カタールの王族アール・サーニ氏の個人コレクションとのこと。

人間が自分たちをどのように見てきたか。 現代の様に科学万能出ない時代、自分たちが経験する様々なこと…人が生まれること死ぬこと、死んだらどうなるのかということ、災害や思わぬ恵みは何を意味するのか。

理解出来ない事象や現象を神に結びつけ畏敬の念を持ってかかわってきた人々の想像力が作り出した素晴らしい作品群。

現代ではあらゆる事象や現象は科学的に証明されたり理由づけされるため、神を感じる頻度は過去に比べ各段に低くなっているが、大きな災害があるたびに「自然にはかなわない」と改めて気づかされる。 人間がすべてを認識しコントロールすることなど絶対に出来ない。  神を信じろとは言わないが、少なくともおごれる人間はもう少し「人間の及ばない何ものか」にたいしてもっと真摯であるべきだと、ふと考えさせられる展示だった。

四段だが、金の存在感とはすごいものだ。 他のどのような素材も劣化したり退色したり経年の変化は免れないが、金だけはその輝きを数千年変わることなく保ちつづける。 確かにこの金属に魅せられ、資産としての価値を持ち続けるというのも実感できる。 

 

 

|

« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 | トップページ | 美術教育のこと »

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙人に会いに行く  弾丸京都・奈良  その2.5 夜ノ寧楽 | トップページ | 美術教育のこと »