« Dos à Dos binding  最近の制作物 | トップページ | クリムト展 上野 東京都美術館 »

2019/05/30

Round Back Hardcover Note  丸背空帖

00

 

厚手の生地が醸し出す<柔らかい印象>と独特の<ふわっとした手触り>。

 

01_5

 

その表紙素材は娘が愛用していたTシャツ。

洗いざらしてくたびれてはいるものの刺繍がかわいい刺繍が施され、
捨てるには惜しい様子なので、本の表紙として再生することにした。

天竺編みされたこの素材はいつも使って慣れている平織りの布と違い、
厚く伸縮性が高いので若干作るのに苦労しそうだ。

 

02_6

 

刺繍がうまく入りそうなサイズの本文を組み立てる。

本文紙は未晒クラフト紙。できるだけ長く使えるようにいつもに比べ折丁の丁数は多め。

 

03_5

 

Tシャツは前と後ろを切り離し、ホットメルトシートで裏打ち。

 

04_5

 

表紙の平と溝・背幅を正確に写し取り、表紙布にある刺繍がピッタリ収まる様に調整する。

 

05_6

 

カルカスに表紙ボールを貼り、布を巻く。

通常は表・裏どちらかの表紙から貼り出すのだが、今回は刺繍をまん中に合わせる必要があるので、背の中心に表紙素材の中心を合わせて表紙平へと貼り込んでいる(上図)。

表紙素材が厚いため、表紙裏の埋め立ては0.3ミリの地券紙を二枚重ね合わせたものを使用(中図)。

こうした素材は強くプレスすると部分的に不自然な艶が出てしまうことがあるので、平部分に布をあて、全体をクッキングシートで覆う。

見返しに吸湿紙を挟みこれを数回変えながら一晩プレスして完成。

07_3

 

ふだんTシャツを着慣れているせいもあってか、持ったときに手触りが心地よさがしっくり来る。
柔らかいというか、冷たい感じがしない。

これはこれで素材としていいなぁと思った次第。

06_3

 

最近はちょっと着なくなる服はフリマアプリで気軽に売り買いという流れのようだが、それでもいつかは着られなくなるときがくる。

捨てるにはモッタイナイ。でも取っておくには場所ふさぎだ。その様な時にはノートへ<リユース>は断然ありだ。

ランドセルを小さなランドセルへ再生というのもあるが、こちらは飾りとしてだけではなく、新しい使い道があるのだから。

 

>

|

« Dos à Dos binding  最近の制作物 | トップページ | クリムト展 上野 東京都美術館 »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dos à Dos binding  最近の制作物 | トップページ | クリムト展 上野 東京都美術館 »