« COPTIC BINDING | トップページ | ハードカバーノート その1  »

2019/04/25

DOS À DOS BINDING

01_3

 

DOS À DOS とはフランス語で「背中合わせ」の意。 
二冊の中味が一枚の表紙を共有し互い違いに組み合わせ製本する。

 

02_3

 

基本の製本法は角背、丸背<背中合わせ>にすることはできるが、見た目を極力シンプルにみせるため、背ボールの入らぬミゾが目立たない角背で仕上げた。

 

05_3

 

今回は一回の切り返しで二冊の本をつなげているが、基本的には何冊でもつなげることができる。

 

04_3

 

個人的には料理レシピ帳として片側を主菜編、もう一方を副菜編と分けて使ってみようかと思っている。

 

03_3


一冊作るのにほぼ二冊分の労力が必要…と言うところが玉に瑕。 
が、見た目が面白いので、次は連結冊数を増やしたものも作ってみよう。

 

 

|

« COPTIC BINDING | トップページ | ハードカバーノート その1  »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COPTIC BINDING | トップページ | ハードカバーノート その1  »