« 無印4コマノート改装 その4 | トップページ | COPTIC BINDING »

2019/04/11

無印4コマノート改装 その5

007

 

表紙素材の折り返し。

先に前語口側の布素材から貼り込む(上図)。

続いて背部分の貼り込み。 背の丸み、ミゾなどがあり折り返しづらいので、一時的に凹凸を伸ばすようなイメージでしっかり折り返す(中・下図)。

 

008

 

とりあえず見える部分の完成(写真)。

 

009

 

表紙裏の布の折り返しがある部分とない部分の段差を布と同じ程度の紙で埋め立てる(写真)。

 

010

 

背も同様に段差をなくすように紙で埋め立て(写真)。

 

011

 

表紙のくるみ作業。

まず濃いボンドで背を接着(上・中図)。 天地前小口のチリをこの段階でしっかりと調整しておく。

表紙の背と本文の背がしっかりと接着できたらミゾ部分に濃いボンドをつけ、ミゾ付け板に挟んんでおく(下図)。

 

012

 

見返しと表紙を結合。

見返しが糊で紙が伸びる分を先に1ミリ程度トリミングしておく(上図)。

まず寒冷紗部分にボンドをしっかりと塗り、見返し裏に糊ボンドをむらなく塗っていく(中・下図)。

 

123

 

糊を塗った見返しが折れたり巻き込まれたりしないようにゆっくり表紙を閉じ体重をかけておさえる(上図)。

裏も同様に見返しを貼り、吸湿用の画用紙を間にはさんでプレス(下図)。

途中吸湿紙をなん度か替え一晩おいて完成。

 

 

|

« 無印4コマノート改装 その4 | トップページ | COPTIC BINDING »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無印4コマノート改装 その4 | トップページ | COPTIC BINDING »