« Bruno Munari 展  世田谷美術館 | トップページ | ひたすら、キル・オル・トジル »

2018/12/08

トルソーその後

001


オリジナルから型どりしたコピーボディをベースに、ネックレス用に胸部前面の形をさらに型どり(左図)。

生中線を基準に数カ所ポイントとなる直交したラインをマスキングでマークし、軽く左右対称を確認し、形を切り出す(中図)。

ボディー裏に新聞紙を丸めたものを詰め込んで形を整える(右図)。


002


2X4材から、足になる形糸のこ盤を使って切り出し十字に組んでニスを塗りたくる。
途中ハンマーで叩いたりスクレイパーなどでひっかいたりして傷をつけ色の濃さの違うニスを重ね塗りしエイジングをかける(写真)。


003


ボディーの表面に洋雑誌の切り抜きを重ね貼りし、軽く汚したりジェッソをかけたり…(左図)。

13ミリの鉄筋を柱にして廃材トルソー完成(右図)。

|

« Bruno Munari 展  世田谷美術館 | トップページ | ひたすら、キル・オル・トジル »

つくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルソーその後:

« Bruno Munari 展  世田谷美術館 | トップページ | ひたすら、キル・オル・トジル »