« 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 | トップページ | マルセル・デュシャンと日本美術 »

2018/11/13

久々の製本倶楽部

01


久しぶりにクマ氏登場で開催の製本倶楽部。
元気いっぱい。

今日は先日川越で買い付けてきた「川越唐桟」の裏打ち。

作業の前に疑問だった織物(縞柄)の裏表はどちらか?を検証(中図)。

縞柄は縞柄に通った縦糸に横糸を織っていくので、基本的には裏表はないと思うのだが、機織り機にたいして上を向いた面と下を向いた面で違いは出るのか? たとえば糸を継ぐ場合は必ず裏面で継ぐとかルールはあるのか?

ハギレなので結論は出ず。 今度川越に行ったときにお店のひとに聞いてみるということで決着。

あとは色々な情報交換をしつつ作業にいそしむ。


02


私は以前「型どり」したトルソーから さらに胸部のみを型どり。
豆本ネックレス用のトルソーを進める(写真)。


 

|

« 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 | トップページ | マルセル・デュシャンと日本美術 »

製本倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/74590410

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の製本倶楽部:

« 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 | トップページ | マルセル・デュシャンと日本美術 »