« 御朱印帳 その3 | トップページ | 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 »

2018/10/24

御朱印帳 その4

001_2


御朱印帳用の用紙を中おもてに半分折りにする。
一包み500枚が一回の作業単位。


002


端を寄せ盤にあわせて折る。
折り本は中おもてに折った紙の背と前小口を交互に重ね、貼っていく構造なので、折りが少しでもずれると仕上がりが汚くなるため天地前に狂いが出ないように注意して折る。

折りながらふと、最近人工知能・ディープラーニング・ロボットに人間の仕事の大半がうばわれるという話題が頭をよぎる。

当ブログのタイトル「キル・オル・トジル」は本をつくる上で欠くことのできない作業の代表だ。

さすがに数をこなしてきたこともあり、普通の人に比べると手際よくこなせるようになったと思うのだが、機械に比べられてはその精度、スピードとも全く太刀打ちできるものではない。

紙を半分に折る、という単純作業をしながら一束500枚の紙を折ることにかかる時間を考えてみる。 
一組20枚の紙を束から分ける7秒、(一枚の紙を取り上げて寄せ盤へセットする2秒、端を合わせて折る4秒)X20枚分:80秒、(折った紙を重ねる2秒)X20枚分、20枚の紙をしっかり揃える作業3秒。

一セット分を作るのに計96秒、これを500枚(25セット分)とすると40分。 もちろん作業と作業の合間の時間、トイレに行ったり飲み物を飲んだり、電話に応対すれば簡単に1時間を越える作業となる。

ではこれを機械に任せたら…恐らく折った紙をさらに交互に重ね糊付けまでしてほんの数分もあれば仕上げてしまうだろう。

いったい機械でもできることを人がするという意味は何なんだろう?
こうした作業に価値を見いだすことはできるのだろうか?

将来、人工知能やロボットは本当に人間を幸せにするか?
人間は経験に基づく技術や技能をすべて機械にゆだねて幸せになれるか?

そもそも幸せとは何なのか? 何でも楽して便利なことが幸せなのか?


003


そんなことを考えながら紙を折りつづけたら、意外に早く作業が終わった。

|

« 御朱印帳 その3 | トップページ | 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/74462945

この記事へのトラックバック一覧です: 御朱印帳 その4:

« 御朱印帳 その3 | トップページ | 京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術 »