« 御朱印帳 その2 | トップページ | 御朱印帳 その3 »

2018/09/18

手機械をつくる(ただしミニチュア)

01_2


色々なかたちの木っ端があったので、手機械のミニチュアを作ってみた。


02


木っ端のほかは家にあった材料。

基本的なパーツは木っ端。 支柱は竹ひご(上図)。

ハンドルは太めの鉛の針金(中図)。
鉛は柔らかいので加工が曲げが楽だし、叩けば簡単に板状に加工できるので便利。 鉛なので、半田付けも可能。ただし、熱を加えすぎると鉛自体が溶けてしまうので注意。

支柱を押さえる金具は板おもりを切り出して作る(下図)。

鉛の材料は以前釣りの仕掛け作りで使っていたもの。
趣味はどこかでつながるものである。


03


ハンドルに穴を開けてネジを固定(写真)。


04


各部を塗装。


05


そして完成。

6角ボルトはハンドルに使用した鉛の針金を金工ヤスリで面取りし断面を6角に削りだしてそれっぽく作る。 また、ネジは1.5ミリのスクリューポンチでまるく板おもりを抜いて貼り付けた。


06


縮尺1/9。 ネジを通す木部の穴をネジの系よりも若干細めに開けているので、実はハンドルを回して可動もするが、何せハンドルが鉛なので、変に力を加えると変形してしまうため動かないようにしてしまった。

こういう作業は実に楽しい。

|

« 御朱印帳 その2 | トップページ | 御朱印帳 その3 »

つくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/74229778

この記事へのトラックバック一覧です: 手機械をつくる(ただしミニチュア):

« 御朱印帳 その2 | トップページ | 御朱印帳 その3 »