« 久々にクマ氏登場。 | トップページ | 川越唐桟の裏打ち »

2018/08/28

進路西  川越

Dsc_8713


製本倶楽部課外活動。
クマ氏と川越唐桟を仕入れるの巻。


Dsc_8725


小江戸川越、重厚感のある歴史的建造物とそれっぽいコーヒーショップと。
とにかくどこに行っても外国からの旅行者でいっぱい。


Dsc_8738


28日を選んだのはこの日が川越「喜多院」の蚤の市があるため。

結構な店数で人出も多く賑やか。 

ほぼ冷やかし客ではあるが、古き良き大量生産前の品がたくさん出品されており一瞬タイムスリップした気分になり面白い。

こうした品々もこれから時を重ねるごとにこの世からすこしずつ消えていくのだろう。

銀座不二家の壁面に使われていたと言うタイルが売られており、ひとまわりしたら買って帰ろうなどと思っていたら、すっかり買い忘れてしまった。 三角形の四色タイルで確かに不二家の雰囲気たっぷりで話のネタになったものを…惜しいことをした。


Dsc_8761

反物やさんで川越唐桟のはぎれと、芋けんぴを買って帰路についた。

|

« 久々にクマ氏登場。 | トップページ | 川越唐桟の裏打ち »

狩り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/74116170

この記事へのトラックバック一覧です: 進路西  川越:

« 久々にクマ氏登場。 | トップページ | 川越唐桟の裏打ち »