« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/31

川越唐桟の裏打ち

311


先日手に入れた川越唐桟の裏打ちをする。
川越唐桟のはぎれは尺売りされている。ここでの尺は一尺36センチ。

この尺という単位が厄介で、たとえばインターネットで<一尺>と打つと30.303センチとでてくる。

和装の世界では鯨尺(くじらじゃく)または呉服尺という尺度が使われており、これが378.788センチ。これに近い数字と言うことだろうか。 

そもそもこの呉服尺は飛鳥時代頃に使われていた高麗尺を元にしたともいわれている。 高麗尺は約36センチ。

高麗尺といえば法隆寺が飛鳥時代に創建された当時のものか、奈良時代に再建されたものかで騒がれた法隆寺再建・非再建論争も一時、現在残っている建物の尺度が高麗尺に即した尺度で作られているところから、非再建であるといわれていた時期もある。 もちろん今では再建されたというのがスタンダード。

そもそも、尺とは中国で親指と人差し指をめいっぱい伸ばした長さ…約20センチと決めたのが始まりと言うことだが、色々な産業や用途によって同じ単位名でも様々な長さがあるというのは慣れていないと間違いを起こしそうだ。


312


とりあえずシワ取りにアイロンをかける。 アイロンはストライプに沿って、線が歪まぬようにかける(上図)。

ハギレなので、反物の端がないので、表・裏が良く分からない。何か違いがあるかとハギレの端を折って裏と表の模様を合わせて拡大してみたところ何の差もないので、とりあえずどちらでもよいことにする。

考えてみれば単純なストライプの場合先染めした糸を折りあげていくだけなので、特に表・裏があるわけでも無いだろう。 しいていえば糸切れや糸替えで糸を継いだ結び目があればそれを裏に回す…くらいでよいのではと勝手に得心(下図)。


313


裏打ちにはホットメルト紙を使う。

軽くアイロンで仮止めし(上図)、

布に合わせて余分をカット(中図)。

そして、アイロンを木綿用の温度にして圧をかけながら密着させていく(下図)。

ここでしっかり密着させないと表紙ボールに巻き込む際に裏打ち紙葉ガレを起こすことになる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/28

進路西  川越

Dsc_8713


製本倶楽部課外活動。
クマ氏と川越唐桟を仕入れるの巻。


Dsc_8725


小江戸川越、重厚感のある歴史的建造物とそれっぽいコーヒーショップと。
とにかくどこに行っても外国からの旅行者でいっぱい。


Dsc_8738


28日を選んだのはこの日が川越「喜多院」の蚤の市があるため。

結構な店数で人出も多く賑やか。 

ほぼ冷やかし客ではあるが、古き良き大量生産前の品がたくさん出品されており一瞬タイムスリップした気分になり面白い。

こうした品々もこれから時を重ねるごとにこの世からすこしずつ消えていくのだろう。

銀座不二家の壁面に使われていたと言うタイルが売られており、ひとまわりしたら買って帰ろうなどと思っていたら、すっかり買い忘れてしまった。 三角形の四色タイルで確かに不二家の雰囲気たっぷりで話のネタになったものを…惜しいことをした。


Dsc_8761

反物やさんで川越唐桟のはぎれと、芋けんぴを買って帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »