« HAYA | トップページ | トルソーの型どり »

2018/06/05

葉山〜鎌倉ブラブラ

051


鎌倉近代美術館・葉山へブルーノ・ムナーリ展を観に行く。

何年かごとに開かれるブルーノ・ムナーリ。

彼の場合、イラストや挿絵、立体作品・彫刻、照明器具などオモチャやえほんをや実験的な本など市場に商品として流通している作品が多く、それを集めただけの展覧会になってしまうこともおおい。

だが、今回は絵本の原画やその習作、立体作品のアイディアスケッチやオリジナルイラストなど、ムナーリの息づかいがダイレクトに感じられる作品が多数出展されとてもよかった。

ムナーリというと未来派の作家という冠がつくことが多いが、デザイナーとしてのマインドが非常に高く、どんなアイディアスケッチ、習作でも「人が観る」ことを前提としているのではないかと思えるほど見せ方がうまいのには感心するばかり。

また、新しい「こと・もの・技術」に目ざとく、自分なりの作品として昇華する能力の高さにも舌を巻く。 

この物事の本質を的確に解析し、論理的に組み立てるクレバーさが晩年、子供を対象としたワークショップに反映され魅力あるカリキュラムにもつながっているのだろう。 

改めてムナーリの素晴らしさが感じられた。


052


鎌倉近代美術館は鶴岡八幡宮にあった本館が閉館し、葉山だけになってしまったが、海も近く、落ち着いた静かな雰囲気でリフレッシュにはとてもよい。 ちょっと遠いのが玉に瑕だけど…。


053


折角なので、逗子から北鎌倉まで足を伸ばし明月院で紫陽花鑑賞。
満開までにはもう少しという感じだったが、色とりどり・かたち色々の紫陽花がお出迎え。


054


実は満開だったのは人間だったりして…。


055


帰りは北鎌倉から坂を下り、鶴岡八幡宮で神様にご挨拶と色々お願い事を…。
鳩を模した「八」の字が可愛らしい。


056

小町通りを帰る途中にある花屋も季節柄、数多くの品種の紫陽花を売っていた。 紫陽花って結構高いんだなあ。


|

« HAYA | トップページ | トルソーの型どり »

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73628578

この記事へのトラックバック一覧です: 葉山〜鎌倉ブラブラ:

« HAYA | トップページ | トルソーの型どり »