« 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その4 »

2018/05/07

連休ぶらぶら  吉祥寺・西荻窪・荻窪・高円寺

012


自転車に乗って吉祥寺方面へぶらぶら。

なにはなくても古書展巡り。 

タイミングが悪いのかなかなか開店時に巡り会わなかったJRの線路と井の頭通りの間の道沿いにあるBASARAブックス(右写真)。 

東急百貨店横の100年(左写真)。

それに写真はないが定番よみたや。 

個性的な本屋が揃う。

013


駅の西側中道商店街は色々なジャンルのちっちゃい店が沢山あって楽しい。ちょっとオシャレな毛糸屋やら、アンティークやら、小物・雑貨など。
その中にPAPER MESSAGE という紙もの雑貨を扱う店がある。
店内撮影自由の珍しい店。 ただし、紙雑貨中心で紙そのものがメインではなさそう。


014


線路沿いに西荻窪へ。
荻窪方面へ向かう道沿いに「トナリノ」という輸入・国産雑貨セレクトショップがあったので立ち寄る。

黒い紙にも書けるというメタリック鉛筆があったので試しに購入。
家に帰って試してみると結構視認性が高く使えそう。

黒い紙の本文紙でノートを作ろう。


015


荻窪ではささま書店に寄ろうと思って南口のカルディがある小路を抜けようとしたら、新しく古書店ができていた。

値札をみるとささま書店のタグがついている。
店員さんに聞くと期間限定でささま書店と中野の古本案内所が合同出店しているとのこと。

ちなみに古本案内所の店主はかつてささま書店で働いていた人。

ここではボッシュの画集と大貫伸樹「装丁探索」を購入。
装丁探索は「古典籍の装幀と造本」のデザイン製本シリーズでも扱われているが、文庫本サイズと判型が小さいためB6サイズ版を探していたところ。

ボッシュはアップ写真が多く状態◎。


016_2


その後高円寺まで足を伸ばしてお馴染み西部古書会館にて物色。ドガのデッサン集、古いディズニー漫画、吉備の出土品を扱った「古代のかたち」を購入。

ドガのデッサンというとバレリーナそして早描きと言う印象があるが、左図のようなデッサンも描いていたんだなあと。 とてもうまいわけだが、今様のデッサンから比べると若干古くさい感はある。

しかし、ドガと活動時期がかぶるゴッホやピカソが学んだというシャルル・バルグデッサンコースのデッサン指南の内容がちょうどこうした感じのスタイルなので、当時流行の方法論だったのかも知れない。 などとちょっと考えてみたり。

ちなみにシャルル・バルグのデッサンコースという本は英語版・日本語版が復刻されて現在でも手に入れることができる。

ピカソが11歳時に描いたと言われるデッサンネタ元があったりして面白い。

話はそれたがドガの1952年刊のデッサン集は初見のデッサンも多く色々な意味で楽しめた一冊。

|

« 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その4 »

ひとりごと」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73440983

この記事へのトラックバック一覧です: 連休ぶらぶら  吉祥寺・西荻窪・荻窪・高円寺:

« 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その4 »