« 2018年4月 | トップページ

2018/05/22

無印良品・週刊誌4コマノートミニの改装

1101


無印良品・週刊誌4コマノートのドイツ装への改装。


1102


週刊誌4コマノートはマニアうけするノートで、熱狂的なファンがいる一方売れ行きはいまいちなのか、いつの間にか店頭から消えているということが多いようだ。

現在も、数ヶ月ほど前には店頭に積んであったのに、現在はネットショップをはじめ近所の実店舗にも置いていない。

試しにある店舗で聞いてみると、どうやら廃盤ではないが現在どの店舗にも置かれない状況で、一応注文は受け付けているとのこと。 

ちなみに他店舗では全く状況がわからないとつれない返事。 やる気のある店とそうでない店の差がこうしたところに現れるものだ。

取り寄せ時期については一ヶ月後程度みて欲しいという話だったが、昨日商品が用意できたとの知らせが来た。 一ヶ月どころか一週間で手にすることができた。


1104


オリジナルのノートはA4サイズ、一折り88ページ、中綴じホチキス止めの週刊誌スタイル。

改装ではこれを二冊分を一冊にまとめた。 計176ページ、つまりA4サイズ44枚の用紙を4枚一折りに組み替え、11折りの本かがり丸背仕様に変更。

週刊誌のようにかなり多い枚数の用紙をまとめて半分に折ると、紙の厚み分一番外側の用紙が一番内側の用紙よりも小口側が短くなる。つまり、小口の形状が束の上から見たときに束の中央ページを頂点として、最初と最終ページに向かって山形になってしまう。

これを吸収するために週刊誌等は断裁して小口を平らに仕上げている。

つまり、週刊誌タイプの用紙は広げると中央の紙の大きさと最初・最終ページの大きさは厚みの影響が出た分差が出ることになる。

今回の改装ではオリジナルのノートの内側の紙から外側の紙へ順に4枚一組で順に重ねることで、斜めの小口を残してみた。


1103


背と表紙を別に取り付けるドイツ装=ブラデル装。
今回は表紙に使った布の赤と同系統の赤いスキバルテックスを背素材に合わせ、背と表紙が別々に作られているというよりは一体感を重視したデザインにした。

ちなみに表紙布は製本倶楽部のクマ氏が原宿あたりで調達した布をこっそり使用。


1105


娘が絵の勉強を始めたので、そのアイディア帳として使う予定。


1106


実は斜めの小口はページが大変めくりやすいと言うことが判明。
しかし、実際のところ使っていくと何かしら問題点も見つかるかも知れない。

新たな週刊誌4コマノートを入手したので、今度は自分用に作って実際に使ってみよう。 


1107


ところで、ドイツ装の名称については合本ノート記事でも紹介したが、ドイツ装の名は「製本工房リーブルの岡野さんの<豆本をつくる>が初出」であることを同じ記事にYKさんがコメントを残してくださったことで解決。
YKさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

高円寺ブラブラ

Dsc_9107


わが家は中央線の高円寺・阿佐谷・荻窪を結んだ直線を底辺とした二等辺三角形の頂点に位置し、一番近い阿佐谷が二キロ弱、他が2.5キロほどの位置にある。

なかでも高円寺は西部古書会館をはじめ、古書を扱う店も多く、また、個性的なお店も多く飽きることがない。

そこで中野、吉祥寺等最近の文具雑貨店つながりで高円寺のお店のご紹介。

一件目は高円寺北口、長仙寺向かい「days」。

久しぶりに店に入ったが、なんと探していたコヒノールの5.6ミリ芯を発見。インターネットで購入するのもよいのだが、やはり購入できる店舗があると安心。


Dsc_9109


days前の道を西へ20メートルほど移動すると紙もの専門店「ハチマクラ」がある。海外のラベルやチケット、コースターやラッピングペーパーなど紙を中心とした雑貨を扱う。

建物の古さを活かした高円寺らしいアンティークな雰囲気も楽しい。特に夜は独特の雰囲気がある。


Dsc_9110


その横には手づくりキャンドルの店「matoga」色とりどりの手づくりキャンドル並んでモザイク模様のよう。 


Dsc_0104


で、鉛筆削りをや古布から作った紙を買ったり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その5

96


表紙の仕上げ。

背表紙の厚くなった天地の折り返し部分間の段差を同じ厚さの地券紙で埋め立てる(上・中図)。

同様に折り返しで段差ができた平表紙裏も地券紙で埋め立て(下図)。


97


本文と表紙の接合。

最初に背部分のみ接着する。 濃いボンドを本文、表紙の背部分に塗りつけ天地のチリが同じになるように注意しながら貼り付ける。

貼ったあとは下敷きなど薄く堅い板を本文の中央付近のページへ差し入れグッと押し込み密着させる(写真)。


98


背のボンドが乾くまでミゾ付け板に挟んでおく(上図)。

本文と表紙がついた(下図)。


99


見返し糊入れ(写真)。


910


見返しに吸湿用の水彩紙を差し入れMDF板に挟んでプレス。

そのご、何度か水彩紙を替え、一晩プレスして完成。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/10

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その4

91


表紙の準備。

クータのついた背の耳から耳までの距離を紙を巻いて実測。


92


背幅をディバイダーで測り取り、地券紙に移し切り出す(上・中図)。

背表紙素材に切り出した地券紙を貼る(下図)。

このあと地券紙の左右にそれぞれミゾの分(約6ー7ミリ)と平表紙との連結部分(約20ミリ)を残しを、天地に折り返し分15ミリを残して背表紙素材を切り出す。


93


表紙ボールの裏側に背表紙との連結部分の段差が目立たないようにボール紙を0.7ミリ程度剥ぎ取る。

最初に接合幅20ミリ位置にカッターで切り込みを入れる(上図)。

ボール紙を薄剝ぎする(中図)。

ペーパーで全体を平らに均す(下図)。


94


表紙素材にボール紙を貼り込む(上図)。

四隅を斜めに切り落とす(中図)。

長辺のみ表紙素材を折り返す(下図)。

短辺は背表紙と連結してから折り返す。


95

準備ができた背表紙と表紙(上図)。

連結する表紙の裏(段差をつけた部分)に濃いボンドを塗り、背表紙を貼り込む(中・下図)。

裏表紙も同様に背表紙に貼り込む。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/07

連休ぶらぶら  吉祥寺・西荻窪・荻窪・高円寺

012


自転車に乗って吉祥寺方面へぶらぶら。

なにはなくても古書展巡り。 

タイミングが悪いのかなかなか開店時に巡り会わなかったJRの線路と井の頭通りの間の道沿いにあるBASARAブックス(右写真)。 

東急百貨店横の100年(左写真)。

それに写真はないが定番よみたや。 

個性的な本屋が揃う。

013


駅の西側中道商店街は色々なジャンルのちっちゃい店が沢山あって楽しい。ちょっとオシャレな毛糸屋やら、アンティークやら、小物・雑貨など。
その中にPAPER MESSAGE という紙もの雑貨を扱う店がある。
店内撮影自由の珍しい店。 ただし、紙雑貨中心で紙そのものがメインではなさそう。


014


線路沿いに西荻窪へ。
荻窪方面へ向かう道沿いに「トナリノ」という輸入・国産雑貨セレクトショップがあったので立ち寄る。

黒い紙にも書けるというメタリック鉛筆があったので試しに購入。
家に帰って試してみると結構視認性が高く使えそう。

黒い紙の本文紙でノートを作ろう。


015


荻窪ではささま書店に寄ろうと思って南口のカルディがある小路を抜けようとしたら、新しく古書店ができていた。

値札をみるとささま書店のタグがついている。
店員さんに聞くと期間限定でささま書店と中野の古本案内所が合同出店しているとのこと。

ちなみに古本案内所の店主はかつてささま書店で働いていた人。

ここではボッシュの画集と大貫伸樹「装丁探索」を購入。
装丁探索は「古典籍の装幀と造本」のデザイン製本シリーズでも扱われているが、文庫本サイズと判型が小さいためB6サイズ版を探していたところ。

ボッシュはアップ写真が多く状態◎。


016_2


その後高円寺まで足を伸ばしてお馴染み西部古書会館にて物色。ドガのデッサン集、古いディズニー漫画、吉備の出土品を扱った「古代のかたち」を購入。

ドガのデッサンというとバレリーナそして早描きと言う印象があるが、左図のようなデッサンも描いていたんだなあと。 とてもうまいわけだが、今様のデッサンから比べると若干古くさい感はある。

しかし、ドガと活動時期がかぶるゴッホやピカソが学んだというシャルル・バルグデッサンコースのデッサン指南の内容がちょうどこうした感じのスタイルなので、当時流行の方法論だったのかも知れない。 などとちょっと考えてみたり。

ちなみにシャルル・バルグのデッサンコースという本は英語版・日本語版が復刻されて現在でも手に入れることができる。

ピカソが11歳時に描いたと言われるデッサンネタ元があったりして面白い。

話はそれたがドガの1952年刊のデッサン集は初見のデッサンも多く色々な意味で楽しめた一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3

301


見返しやら表紙やらを見繕いつつ、作業を進める。


302


写真のないまま、丸みだし→耳出しを完了。
背綴じひもの端を平部分に繊維を広げて接着。
栞ひも、花布付けを行う。


303


天地花布間の段差を地券紙で埋め立てる。

埋め立てる地券紙はあらかじめエッジの立った木などの角にこすりつけるようにしてしごくと折り癖などがつくことなく丸みを出すことができる。

が、先日YouTubeをみていると、恐らく専門の器具だろうか、横バーの直径が15ミリくらいの小型の鉄棒状の器具があって、そこに丸背本の背部分をこすりつけて背部分に丸みを出していた。

木のエッジにこすりつけるのも特に不便ではないのだが、鉄棒で一気にこすりつけて丸みを出すというのもなかなかに魅力的。 
考えてみれば自製かがり台の横棒を丸棒に替えればできてしまうので、今度試してみよう。


304


埋め立てを終えた背に寒冷紗を貼り付ける(上図)。

花布は例によって糸で簡易的に綴じつける(下図)。


305


背にクラフト紙でクータを取り付けて本文完成。

つづく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ