« 合本ノート その1 | トップページ | 合本ノート  »

2018/04/24

合本ノート その2

2401


平表紙の準備。

ドイツ装は最初に本文へ取り付けた背表紙素材に表・裏の平表紙を取り付けるスタイル。

そのため、背・平表紙を一体で作り、本文にくるんでいく「くるみ表紙」よりも強い構造と言われている。


2402


表紙素材の切り出し。
折り返しの15ミリ分の目安を幅定規でとり、それに合わせて切り出す(上・中図)。

溝付き本のように表紙素材の折り返しに段差がないためサクッと仕上がる(下図)。


2403


今回はノートの合本なので、ミゾはないため背から1ミリほど間隔を開けて表紙をつけることにした(この辺の空き具合は好みの問題)。
余分なところにボンドがつかないようにマスキングでカバー(上図)。

背表紙部分は異素材同士の接着で剥がれやすいため、濃いボンドをしっかりつける(下図)。


2404


ボンドのマスク兼 接着位置ガイドのマスキング位置に表紙を合わせ、ギュッと体重をかけ押さえ、プレス機で挟み完成。


|

« 合本ノート その1 | トップページ | 合本ノート  »

改装本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73360923

この記事へのトラックバック一覧です: 合本ノート その2:

« 合本ノート その1 | トップページ | 合本ノート  »