« 合本ノート その2 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 »

2018/04/27

合本ノート 

231


今年高3になった娘が小学校5ー6年で使っていた時のノートを合冊した。
子供が成長する過程で生み出される産物…図工の作品、自由帳、テスト、ノートなど、どれも大切な思い出だが、なかなかすべてを保管しておくことは難しい。

こうしたものは、大人になってからただ懐かしいだけでなく、自分の原点を知るチャンスにきっかけにもなるかも知れないのだが…。

図工作品などはせめて写真に撮っておけば、それなりに将来当時の記憶をたどるヒントにはなるだろう。 しかし、ノートなどページものはそのすべてを撮影して…と言うのは大変だ。

それならばまとめて一冊の本にしてしまえば余白も含めすべてをとっておくことができるとの思いで綴じてみたものの、完成することなく6ー7年が過ぎてしまった。 


232


製本方法はドイツ装。

このドイツ装。色々調べると、なぜ<ドイツ>装なのかから始まって分からないことが多い。 一般的には背表紙を本文に取り付け、平表紙は別個にあとから取り付けるスタイルを言うようだ。

インターネットを探ってみると、日本サイトではドイツ装の名に関する情報が見当たらなかったので、海外サイトを検索して何となくわかったことは…

○この製本方法をドイツ装(ドイツ装の正確な訳がわからないため、とりあえずGerman binding  Deutschland bindingで調べてみた)言っている例はあまりなく、ブラデルバインディング(Bradel binding)が通称名として通っている。

○ブラデル製本は18世紀頃ドイツで爆発的に流行した。

○ブラデルとは18ー19世紀のフランス人製本家 アクシス・ピエール・ブラデル<Axexis Pierre Bradel>のことで、この人が考案した製本法らしい。

つまり、製本家ブラデルがドイツに移りこの製本が大変流行ったため、ブラデル製本=ドイツ装ということになったのではないか?

ちなみにこの製本法は<a temporary binding>と書かれているので仮綴じの認識だったようだ。たしかに仮綴じ本に平表紙を取り付けただけといえばその通り。

当時の、ポール・ボネ <Paul Bonet> が作っていたような総革装,超デコラティブな美術作品に比べれば仮綴じ程度といえる。しかし、同じ仮綴じベースでもフランス装などよりは変化もつけられるし強度も高そうなので、これはこれで面白い製本法と言える。


233


この背と平を別個に作る製本法は確かにくるみ製本の様に表紙を一体で作って本文に連結するのに比べ、構造として強いという特長がある。

くるみ製本の場合表紙が外れれば背表紙、反対側の表紙と壊れて言ってしまうが、それぞれが独立しているため仮に表紙が破けたりしてもその部分を補強すればよい。 

そういう意味で一折りが分厚いノートや台紙が厚いアルバムなどには適しているように思う。


234


それにしても、子供の描く世界ってなんと楽しいものか。

大人になるにつけ要領を覚えて段々に個性が薄くなるのにくらべ、何でも一生懸命だから面白いのだろう。

国語・算数・理科・社会すべてとっておくのは難しかろうがせめて作文くらいは残しておくべきだろう。 家族揃って大爆笑間違いなしだ。


|

« 合本ノート その2 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 »

製本」カテゴリの記事

コメント

ドイツ装の名称は、製本工房リーブルの岡野さんの「豆本をつくる」が初出と思いますよ。フランス語にブラデルアルマンと言うのがあるから。と書いて居ます。

投稿: 河本洋一 | 2018/05/15 16:25

コメントありがとうございます。
「豆本をつくる」は私も持っています。
早速調べてみるとたしかにブラデル・アルマンとありますね。全く忘れていました。
アルマンとはドイツ語(名詞)ドイツ語の、ドイツの(形容詞)とあるので、よほどブラデルさんがつくったこの製本法が流行ったということなのでしょうね。

投稿: tsuru | 2018/05/16 19:37

bradel 自体は、製本家一族の名前という事です。(栃折久美子氏より)
綴じ付け製本(栃折さんの言うパッセカルトン)ではないのですが、近代のクルミ製本よりは複雑で面倒だという事です。
bradel allemand ? の実態は良くわからないです。岡野さんが、この名称を応用して、「ドイツ装」としたのだと思います。

投稿: 河本洋一 | 2018/05/23 19:21

コメントありがとうございます。
上にもリンクを張りましたが、
https://thesaurus.cerl.org/record/cnp01881989

によると、基本的にはAlexis-Pierre Bradelがドイツで始めたとあります。
が、叔父の Derome Le Jeune もパリで製本に携わっていたこと、またAlexis-Pierre Bradel が別名 Bradel the Elder と呼ばれていたということなので、兄弟、親族などもかかわっていたのかもしれませんね。

投稿: つる | 2018/05/24 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73361801

この記事へのトラックバック一覧です: 合本ノート :

« 合本ノート その2 | トップページ | 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その3 »