« 豆本ボックスの塗装 | トップページ | まちのほんだな »

2018/04/06

無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その1

051


無印良品の4コマノート。 

A4用紙の裏表にそれぞれ4コマ画面が4列。これを44枚まとめてふたつ折りにしたものを中綴じにしたノート。

ネットで検索すると販売中止になったり販売再開されたり、常にあるわけでは無いようだが、コアなファンがいるようで、それぞれ面白い使い方をしているようだ。

デザインなどのアイディアスケッチ用としては多少画面が小さいが、試しに使ってみることに。 そのままで使うのもつまらないので改装する。


052


再生紙と言うことだが昔のわら半紙のような紙。 破けやすいので、中綴じのステープラー針は慎重にはずす(上図)。

44枚の紙を中綴じしているため、一番内側の紙と外側の紙では幅が違っているため、重ね順を崩さないように一折り4枚ずつに分けていく(中図)。

ヘラでしっかり折り目をつける(下図)。


053


二冊分を一冊にまとめる(写真)。

幅の狭い内側の折から外側の折りを順に重ねる。


054


重ねた折丁はボール紙に挟んでクラフト紙の帯でひと巻き(上図)。

中綴じの紙を折丁にばらしてつ買っているので内側の用紙(束の下側)と外側の用紙(束の上側)ではこのように幅が違ってくる(中図)。

折り目を落ち着かせるためしばしプレス(下図)。


055


本科が利用の目引き(上図)。

クラフト紙ノートもついでに目引き(下図)。

つづく


|

« 豆本ボックスの塗装 | トップページ | まちのほんだな »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73248138

この記事へのトラックバック一覧です: 無印良品・週刊誌4コマノート・ミニの改装 その1:

« 豆本ボックスの塗装 | トップページ | まちのほんだな »