« 丸背ノート その8 | トップページ | (久々の)製本倶楽部番外編 »

2018/03/15

ビーズワックス再生

141


とじ糸の毛羽立ちを押さえ、滑り止め、絡み防止に使うビーズワックス。
ビーズワックスに糸をのせ、指で押さえながら糸を引っぱってワックスをこすりつけて使う。 

しばらく使うとこすりつけた糸で表面は切り込みだらけになり、そのまま放っておくとポロポロと崩れてしまうことがある。

ある程度使って表面が痛んだ時はライターであぶって傷を溶かして対応していたのだが、さすがに古くなったのか表面が乾燥・硬化してきて、使い心地が悪くなってきたので再生することにした。

とりあえずはビーズワックスの塊を溶かしやすくするためナイフで削ぐ(写真)。


142


型にはゼリーの空き瓶を使用(左写真)。
電気コンロに沸かした湯を入れたボウルに空き瓶を置き、削ったビーズワックスを入れ湯煎する(右写真)。


143


普通のロウよりも溶けるのに時間がかかるようだ。 質にムラがあるのか部分的に部分的に澱のようなものが出来るため竹串でよく混ぜる(左写真)。

しばらくすると全体的に液化し、蜂蜜色に変化(右写真)。


144


しばらく放置すると黄みがかったクリーム色に変化し効果する(左写真)。
収縮率が高いようでひび割れが出来たため、別に溶かしたワックス液を注入。

完全に硬化したら沸騰した湯にビンを浸し金属ヘラをワックスにさし、ビンの周囲のワックスが溶けたところで引き抜く(右写真)。


145


出来上がり。 

表面がしっとりし、使った感じでは新品時と全く変わらないようだ。
用面の茶色い部分は以前使った時に表面に残った糸の繊維くずや汚れと思われる。 特に使用に支障がないので特に削り取ったりはしない。

ビーズワックスの一回の使用量など微々たるもので、ひとかたまりを使い切るにはそれなりの時間がかかる。 また、使い続けることで表面が荒れることは避けられない。 この程度の労力でリビルドできるならば、定期的に手をかけてやりたいと実感。

ちなみに奥にある小さな塊は今回再生に使用したビーズワックスの芯部分。中の方までは劣化していなかったのでそのまま利用。


|

« 丸背ノート その8 | トップページ | (久々の)製本倶楽部番外編 »

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/73110433

この記事へのトラックバック一覧です: ビーズワックス再生:

« 丸背ノート その8 | トップページ | (久々の)製本倶楽部番外編 »