« 丸背ノート その3 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その2 »

2018/02/05

備忘録・証書ホルダー その1

02041


頻繁に作るわけではない「証書ホルダー」の備忘。


02042


1.表紙ボールを切り出す。 直角に、垂直に。


02043


いくら慣れたつもりでも厚みのある素材の切り出し誤差を0にするのは難しい。 


02044


2.表紙をくるむ「表紙素材」を切り出す(上図)。

折り込み分を含め大きめに。

証書ホルダーの場合、中に厚手の紙を挟むため、連結された台紙を閉じたときにその厚みを逃がすための隙間が必要になる。 その間隔は1ミリ以下(紙によってはあまり間隔を開けすぎると背に不格好なシワがよるため)。

背の厚み、表紙に使う紙にボンドをつける際の伸び縮みを試作で確認し、表紙ボールの間隔を決める。

複数冊作ること、また細かな折り返しなどもあるのでガイドをつくる(中図)。

ガイドは裏にスプレー糊を塗布してから背幅に切り出す(下図)。


02045


ガイドは表紙裏(表紙ボールを貼る側)の中央付近に貼る。

普通のコピー紙を使ったので、途中で歪まないように定規を当てて位置決め(上図)。

ガイドに三角定規を当て、表紙ボールを貼る位置をチェック(下図)。


20246


表紙ボールを貼る(写真)。
二枚の表紙ボールのベースラインがずれないように気を付ける(上・中図)。

ボール紙を貼ったらおもてに返して表面保護のクラフト紙越しにヘラでしっかり密着(下図)。


02047


手機械に入らない大きさのため、美術書を重ねてしばし乾燥(写真)。

つづく。


|

« 丸背ノート その3 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その2 »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/72847729

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録・証書ホルダー その1:

« 丸背ノート その3 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その2 »