« 丸背ノート その2 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その1 »

2018/02/02

丸背ノート その3

1291


背綴じひもを自製「フィセルほぐし」を使って撚りをほどく(上図)。

ほぐした背綴じひもはメスで先端を削いで貼り付けたときに厚みが目立たないようにする(中・下図)。


1292


バッケ板に挟み、背をスポンジですこし湿らせておく(写真)。


1293


耳出し作業。
天地の目に見える部分は目打ちと耳出し玄翁で丁寧に扇型に広げる。


1294


背の中心から側面にかけて玄翁で叩き、耳を出す(上・中図)。

自製フロットワーで背の丸みが均一になるよう形を整える(下図)。


1295


背綴じひもを平に貼り込む。

耳の部分をつぶさないよう注意し、また、背綴じひもが一カ所にたまって厚みを持たぬよう扇型に広げて貼り込む(写真)。


1296


背に寒冷紗を貼る。

まず背部分に貼り込む(写真)。

しっかり接着されるように本体側と寒冷紗側双方にボンドをつける。


1297


手機械からはずして寒冷紗を平部分に貼る(写真)。

耳部分で寒冷紗が浮かない様に貼った後は表紙ボールで耳に押し込むようにして密着させる。

つづく


|

« 丸背ノート その2 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その1 »

製本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/72830348

この記事へのトラックバック一覧です: 丸背ノート その3:

« 丸背ノート その2 | トップページ | 備忘録・証書ホルダー その1 »