« 博物館に初もうで | トップページ | 丸背ノート その1 »

2018/01/16

紙折りサポート治具 制作

151


折り本ワークショップで使う紙折り治具が減ってきたので追加制作。

B6サイズほどのMDF板の短辺、長辺各一辺ずつに細い板を貼り付けるだけの簡単な構造だが、これがあると無いとでは紙折り作業のスピードと精度が圧倒的に違ってくる。 


152


ベースになる板はホームセンターであらかじめ切り出してもらう。

側面板も切り出してもらうと楽なのだが、意外にピタリと収まらないことも多く、結局は仕上げをしなくてはならないので、幅だけ指定して使う分自分で切り出すことにする(上図)。

まず長辺をボンドで貼る(中図)。 

ずれないようにクランプで固定(下図)。


153


短辺側の側面の板を張る前にサンドペーパーで調整(上図)。

きちんと長辺との角度が直角であることを確認(下図)。


154


長辺と同じくボンドをつけてクランプで固定(写真)。


155


完成。 右利き6枚、左利き用2枚出来た。

パーツさえ切り出してもらえば簡単にできるのでオススメ。
折り本に限定しないのであればA3位のものを作ると汎用性があって便利。

|

« 博物館に初もうで | トップページ | 丸背ノート その1 »

つくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/72704713

この記事へのトラックバック一覧です: 紙折りサポート治具 制作:

« 博物館に初もうで | トップページ | 丸背ノート その1 »