« ミニ和本 その1 | トップページ | 第58回 東京名物・神田古本まつり »

2017/10/24

板締め染め紙

237_2


ミニ和本の表紙用に板締め紙をつくる。


231


紙は市販の障子紙を使用。 障子紙クラスの強靱さがないと折って染めてを繰り返すと紙が裂けてしまう。

まず、紙を八等分にジグザグ折りにして帯状にたたむ(写真)。


232


ジグザグにたたんだ紙の短辺が二等辺三角形の二辺になるように折る。
目測で折っても良いが、一辺が二センチ程度の小さな三角形になるので折り筋をつけた方がきれいに折れる(写真)。


233


このような三角形のジグザグに折る(写真)。


234


三角形の頂点の一部を目玉クリップで挟み、染料につける(上・中図)。
目玉クリップで挟むのは染料が紙に余計にしみ出さぬため。しかし、なにぶん小さいので断面部分からかなりしみてしまうが…。

染料がついたら、目玉クリップをはずし染料に浸した部分を良く揉み込み、紙のなかに良く浸透させる(下図)。


235


この作業を他の頂点や稜線にほどこす(上図)。

染め作業が終了したらキッチンペーパーに挟み、板で締めて余分な水分をとる(中・下図)。


236


折り方によって基本的なパターンは決まってくるが、染料のしみこみ具合によって微妙な形の差がでてくるが、こればかりは開くまでのお楽しみ。


|

« ミニ和本 その1 | トップページ | 第58回 東京名物・神田古本まつり »

つくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/72041328

この記事へのトラックバック一覧です: 板締め染め紙:

« ミニ和本 その1 | トップページ | 第58回 東京名物・神田古本まつり »