« 小学生の「墨流し・折り本ワークショップ」 | トップページ | ミニバッケ板をつくる »

2017/08/28

カラフルラミネートノート ワークショップ

251


夏休みの子供向け製本ワークショップ「カラフルラミネートノート」。
ラミネートフィルムに色紙などを自由に切って作った形をはさみこんで作った透明カバーで作る<一折り中綴じ>のノート。

中味に使う10色の色上質紙の重ね順を替えることで透明カバーからのベース色が変わるところがポイント。

一折り中綴じのため、中味を使い終わったら糸をほどいて新たに綴じ直すことも簡単にできる。そのときに中味の外側の紙色を替えると雰囲気の変わったノートにもなる。 


252


最初に中味の紙をふたつ折りにする。
特製<折りジグ>で天地・前小口がピッタリ揃うように折る(左写真)。
ピッタリ揃えるというのは意外に難しいが、皆上手に折ることが出来た。

折った後は角ベラでしっかりと折り目をつける(中写真)。

ふたつ折りにした10枚の折はひとまとめにして一折りにし、重ねることによって揃わなくなった前小口の化粧断ちをする。

事前に詳しくカッターの使用法はレクチャーしたが、やはり慣れないとカッターに力を入れすぎたり、切りながらカッターを左右に傾けたりと真っ直ぐに切ることは難しい。

これは当たり前のことで、道具は慣れてはじめて有用に使いこなすことが出来る。 とりあえずは<安全に>使うことをしっかり覚え、積極的に使う回数を増やすことが重要だろう。


253


ラミネートフィルムに挟み込む作業(写真)。

はさみを使ったり、パンチを使ったり、細かい部分はピンセットを使って位置調整。


254


出来あがったデザインは、ラミネーターに通して固定させる(左写真)。
熱を加えることでラミネートフィルムは透明感と艶が増すが、中に作ったデザインも一段鮮やかになる。 子供たちの嬉しそうな顔が見られる瞬間だ。

フィルムを半分に折り、それに中味を重ねV字の穴開けジグに置き、穴を開ける(中写真)。

糸で一折り中綴じにし、留め具のゴムを付け完成。


255


楽しいデザインが勢揃い。 中味には何をかくのかな?

今年は透ける色上質紙にペールトーンを選ぶこどもが多かった。
流行なのかな?


 

|

« 小学生の「墨流し・折り本ワークショップ」 | トップページ | ミニバッケ板をつくる »

workshop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/71546747

この記事へのトラックバック一覧です: カラフルラミネートノート ワークショップ:

« 小学生の「墨流し・折り本ワークショップ」 | トップページ | ミニバッケ板をつくる »