« EBRU その2 (エブル・トルコマーブリング) | トップページ | 古書の改装 その7  大和古寺 井上政次 (1941) »

2014/03/31

EBRU(エブル・トルコマーブリング)

03311


マーブリングの2時間の体験中にはマーブル紙が乾燥しないため後日取りに行く。

マーブリングは一人5枚作成する。

そのうち二枚は筆で絵の具を散らしてつくる小石模様。まず筆先にどの程度絵の具をつけるか、筆の振り方で変わる絵の具の散り方を体験する。

残りの3枚は櫛を使って自由に模様を描く。

「ピン」と呼ばれる取っ手つきの細い金属棒を使って描く模様を描いてみたりもする。これを行うのがトルコ・マーブリング=エブルの特徴。


03316


小石模様。

生徒A(男)の作品。


03318


生徒B(女)の作品。


03314


生徒C(女)の作品


03312


生徒D(男)の作品。

後で聞いた話だが、写真で黄色に見える色は花などを描くベースに使うために絵の具を広げる役割を持つ牛胆(オックスゴール)の量が多かったようで、色を振る順番や量にもよるだろうが、この色を使うとやや大柄な模様になったようだ。


03317


生徒Aの作品。

春を感じる色が綺麗。

画面に対して斜めに流れる「櫛目模様が」面白い(下図)。


03319


生徒Bの作品。

こちらも菜の花のようなさわやかなパターンが綺麗(上図)。

小さい花がポンポンポンポンっと可愛らしい(中図)。


03315


生徒Cの作品。

バリスタよろしく精力的に模様を描く(中図)。

太めのピンを使って作る大柄な矢部根模様が大胆(下図)。


03313


生徒Dの作品。

四者四様。かなり自由に作品づくりを楽しんだわけだが、初めてにしてはかなり面白いマーブリングが出来た。

興味のある方は「トルコ文化センターエブル教室」をチェック!


 

|

« EBRU その2 (エブル・トルコマーブリング) | トップページ | 古書の改装 その7  大和古寺 井上政次 (1941) »

マーブリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EBRU(エブル・トルコマーブリング):

« EBRU その2 (エブル・トルコマーブリング) | トップページ | 古書の改装 その7  大和古寺 井上政次 (1941) »