« 倶楽部便り  7.23.2012 | トップページ | 手漉き紙の かんたん 一折り中綴じ »

2012/08/07

紙漉きワークショップ papermaking workshop

08011


夏恒例、アトリエでの紙漉きワークショップ週間がはじまった。

牛乳パックからビニールコーティングを剥がしてパルプを取り出すことに多少慣れたとは言え、手作業でまとまった人数分こしらえるのは大変だ。

とはいえ、いい加減に作業すると、繊維がほどけきれずにゴワゴワしてしまったり、ビニールが混じってしまっては興ざめなので、手は抜けない。

ちなみに昨年の震災以降、放射線の心配もあり、牛乳のメーカーを代えていたのだが、この牛乳パックの材質がそれまで使っていたものに比べ頑固で(変な表現だが、繊維になりにくい)パルプ化するのに数倍時間がかかってしまった。

しかも、試し漉きしてみると、仕上がった紙がなめらかでは無かったため、結局以前使っていた牛乳パックをスーパーで分けてもらい、作り直すこととなった。

牛乳パックなら何でも同じ、というわけでは無かったのだ。何事も勉強、勉強。


08012


幼稚園の年長から小1、小3の男女5人で紙漉きスタート。乾燥させたパルプをミキサーでほぐし(上図)、

これをザルに受けて水をきる(中図)。もちろん、切った水は下のバケツで受けて再利用。

これを各自のバットにそーっと移し、水の中でゆっくりとパルプをほぐしていく(下図)。

小さい子供たちには難しい言葉ではなく、「エンジンを吹かすようにブンブンブンとミキサーのボタンを押して」とか「ラーメンのお湯を切るようにザルを振ってみて」と興味を持ちそうな表現で伝えると、すぐに理解。


08013


自家製漉き枠で紙を漉き(上図)、

軽く水を切ったらフエルトの上に漉きあがった紙を伏せ、木の板で押して水を押し出す(中・下図)。


08014


タップリのパルプをバットに入れ、厚手の紙を漉くのも楽しいが、なんと言っても色紙を紙と紙の間にサンドイッチする漉かし入りの紙づくりが綺麗でおもしろい。

あらかじめ、正方形や、三角、丸や帯状に切った素材を何種かと、自由にはさみでかこうできる色紙を用意し、これをつかってデザインするのだが、ただ置くだけでも子供一人一人の個性がでて楽しい(上図)。

漉いた紙にフエルトを重ね、またその上に紙をすき…、十枚漉き終わったら、手機械を使った水絞り。

子供たちはこのハンドルのついた謎の機械が大好きだ。普段は「さわらないでね」といわれてしまう手機械だが今日は力一杯回すことが出来るとあって、どの子もみんな一生懸命(中図)。

水を絞り終えたらローラーを使って窓という窓にどんどん貼り付けていく(下図)。

夜になるとアトリエ内から照らされた電気に浮かび上がるすかしいりの紙が雰囲気のある照明器具のようになってとても綺麗だ(巻頭写真)。


 

|

« 倶楽部便り  7.23.2012 | トップページ | 手漉き紙の かんたん 一折り中綴じ »

紙漉き papermaking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙漉きワークショップ papermaking workshop:

« 倶楽部便り  7.23.2012 | トップページ | 手漉き紙の かんたん 一折り中綴じ »