« フィセルほぐし | トップページ | number mini notebook »

2011/06/26

scissors, 鋏, ハサミ

062011


そもそも基本的に荷物の多い家なのだが,その中にあって無駄に多いものが二つある。 それはハサミとカッター。 とにかく「よく切れる」ものに目がない。

ハサミ好きとして声を大にして言いたいこと,それは「可能な限り高いものを買おう!!」だ。 

100円ショップのものでもよく切れるが,切れ味や使い心地が安定しない。すぐに刃が緩んだり,切りはじめ,切り終わりがよれたりする。

道具とは手になじんで初めて真価を発揮するもの。すぐ切れ味が落ちたり,がたついてしょっちゅう買い替えないといけないようでは,上手に扱えるようにはならない。

切る対象によって大きさを替えるのが理想的だが,予算的に厳しい場合は手の大きさに応じて,16−18センチ程度のものが一本あると色々使える。

以下は,今まで購入したハサミで良いと思ったもの。


062022


ダーレ21センチ。
ダーレのハサミはとにかく気持ちよく切れる。21センチは比較的大きいので,新聞・雑誌の切り抜き,ちょっと厚手の紙切りに使う。乱暴に扱ったため,ひどく刃こぼれしたが,だめ元で分解して研いだところ,また切れ味が復活。このような暴挙は決してお勧めしないが,素材が良いからこそ可能なことで,100円ショップのハサミではすぐゴミ箱行きだ。


062033


ドボ フラミンゴシリーズ18センチ,13センチ
少々固いのが難点だが,とにかく狙ったラインをきちんとトレースする正確な切れ味が魅力。一番良く使うのがこのハサミ。赤と黒の段だら模様がかわいい。 残念ながら絶版。 


062044


ツヴィリング ヘンケルス 16センチ,13センチ
双子マークでおなじみヘンケルスのはさみ。これが一番コストパフォーマンスが高いのではないか。値段も2000円以下,10年以上前に買ったものも未だ現役で,切れ味もそれほど落ちていない。使い心地も固くなく,葉の先端までよく切れ,使いやすい。


062055


これはクマ氏が新築祝いにプレゼントしてくれた和ばさみ。洋ばさみに比べて刃が薄く,刃の先端の先端でもパチンと切れる鋭さ。プロの帽子屋さんが使用しているのと同じものらしい。 もったいなくて紙には使っていない。綴じひもの端をパチンと切ることに使う。 鋼鉄製でステンレスとは切れ味が数段違う。 


062066

ヘンケルス11センチとタミヤエッチングばさみ
どちらも糸切り用。糸切りにはハサミの胴は使わず,先端を使う。だから,小さくて先端の切れ味が良いものを選ぶ。ヘンケルスは安定した切れ味。タミヤのものは支点(ネジで止まっているところ)作用点(刃部分)が近く,力点(握りの部分)から遠いので太いひもや固いひもを切る場合,軽い力で切ることが出来る。

|

« フィセルほぐし | トップページ | number mini notebook »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1485888/40481062

この記事へのトラックバック一覧です: scissors, 鋏, ハサミ:

« フィセルほぐし | トップページ | number mini notebook »