2017/09/22

ミニ和本 その1

07121


以前 kuma氏にもらった中華半紙が出てきたので、和本をつくってみる。

白蓮というメーカー。インターネットで調べたが紙の詳細は分からず。


07122


紙は薄くしなやか。細かな簀の目が入っている。 表面には光沢があって筆運びが良さそうな半紙だ。

ただ残念なことに所々に茶色いしみが浮いてきているので、一枚を4等分にしてよさそうな部分を使ってのミニ和本とした。


07123


数枚ずつ折り紙切り包丁を使って4等分に裂く。


07124


薄手の紙なので二枚重ねし、外表で半分に折る(上図)。

半分に折った半紙の大きさと同じ大きさに切った別紙に穴開け位置を作図(中・下図)。


07125


一冊分の半紙と作図した穴位置の紙を突きそろえて、目打ちで軽く穴位置を本文紙に移し、目打ち台で穴を通す(写真)。


07126


コヨリをUの字にまげ、目打ちで開けた穴に通し、ギュッと結ぶ(写真)。


07127


糸端は5ミリほど残して切り、結び目は金鎚で軽くたたいてつぶしておく。


中味の出来上がり


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

ミニバッケ板をつくる

051


これまで豆本の丸背をつくるときにも大仰に手機械とB5サイズのバッケ板を利用していた。 もちろんこれで十分事足りるのだが、見た目のバランスがいかにも悪い。

そこでもっと気軽に使える豆本用のバッケ板をつくることとした。

バッケ板は <backing plate> の略語で「受け板」というような意味だろうか。

<backing plate> の訳からは離れるが、日本では「山出し締め板」の名で売っているところもある。 この方がこの板の役割が直感的に理解出来る。 


052


8センチ角で1.2ミリ厚の真鍮板を糸鋸で半分に切り(上図)、

バイスに挟んで金工ヤスリで断面を斜めに削る(中図)。

ヤスリで削った凹凸ムラを砥石で均一にならす(下図)。


053


真鍮板だけでは強度に問題があるので、板で補強。 見た目もいわゆるバッケ板に近くなる。

耳出しをしやすくするため真鍮板が出る側の板を木工ヤスリで斜めに削る(写真)。


054


木部と真鍮とはネジ止めをしたいところだが、さすがに1.2ミリ厚だとネジの皿部分が収まらないので万能ボンドで接着(上図)。

ボンドが硬化するまで圧着し、完成!!(下図)。


055


B5判バッケ板との比較(上図)。

側面(中図)。

ミニかわいい(下図)。


056


木工バイスに丁度良い(上図)。

クランプにも対応しそう(下図)。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/28

カラフルラミネートノート ワークショップ

251


夏休みの子供向け製本ワークショップ「カラフルラミネートノート」。
ラミネートフィルムに色紙などを自由に切って作った形をはさみこんで作った透明カバーで作る<一折り中綴じ>のノート。

中味に使う10色の色上質紙の重ね順を替えることで透明カバーからのベース色が変わるところがポイント。

一折り中綴じのため、中味を使い終わったら糸をほどいて新たに綴じ直すことも簡単にできる。そのときに中味の外側の紙色を替えると雰囲気の変わったノートにもなる。 


252


最初に中味の紙をふたつ折りにする。
特製<折りジグ>で天地・前小口がピッタリ揃うように折る(左写真)。
ピッタリ揃えるというのは意外に難しいが、皆上手に折ることが出来た。

折った後は角ベラでしっかりと折り目をつける(中写真)。

ふたつ折りにした10枚の折はひとまとめにして一折りにし、重ねることによって揃わなくなった前小口の化粧断ちをする。

事前に詳しくカッターの使用法はレクチャーしたが、やはり慣れないとカッターに力を入れすぎたり、切りながらカッターを左右に傾けたりと真っ直ぐに切ることは難しい。

これは当たり前のことで、道具は慣れてはじめて有用に使いこなすことが出来る。 とりあえずは<安全に>使うことをしっかり覚え、積極的に使う回数を増やすことが重要だろう。


253


ラミネートフィルムに挟み込む作業(写真)。

はさみを使ったり、パンチを使ったり、細かい部分はピンセットを使って位置調整。


254


出来あがったデザインは、ラミネーターに通して固定させる(左写真)。
熱を加えることでラミネートフィルムは透明感と艶が増すが、中に作ったデザインも一段鮮やかになる。 子供たちの嬉しそうな顔が見られる瞬間だ。

フィルムを半分に折り、それに中味を重ねV字の穴開けジグに置き、穴を開ける(中写真)。

糸で一折り中綴じにし、留め具のゴムを付け完成。


255


楽しいデザインが勢揃い。 中味には何をかくのかな?

今年は透ける色上質紙にペールトーンを選ぶこどもが多かった。
流行なのかな?


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小学生の「墨流し・折り本ワークショップ」