2018/11/13

久々の製本倶楽部

01


久しぶりにクマ氏登場で開催の製本倶楽部。
元気いっぱい。

今日は先日川越で買い付けてきた「川越唐桟」の裏打ち。

作業の前に疑問だった織物(縞柄)の裏表はどちらか?を検証(中図)。

縞柄は縞柄に通った縦糸に横糸を織っていくので、基本的には裏表はないと思うのだが、機織り機にたいして上を向いた面と下を向いた面で違いは出るのか? たとえば糸を継ぐ場合は必ず裏面で継ぐとかルールはあるのか?

ハギレなので結論は出ず。 今度川越に行ったときにお店のひとに聞いてみるということで決着。

あとは色々な情報交換をしつつ作業にいそしむ。


02


私は以前「型どり」したトルソーから さらに胸部のみを型どり。
豆本ネックレス用のトルソーを進める(写真)。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/31

京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展+デュシャンと日本美術

00


先週の木曜日、東京国立博物館へ快慶・定慶展+デュシャン展を観に行く。

どちらかと言うとデュシャン展のついでに快慶・定慶展という比重。


01




快慶は慶派の仏師


個人的に唯一 白鳳・天平仏以外に興味のわく仏像がこの慶派の作品群だ。
康慶が慶派の名の元になった仏師で運慶がその実の子だ。
快慶は年は上だったそうだが、実の子である運慶が康慶のあとを継ぐことになる。

世に運慶快慶と並び称されることが多いが、実のところ運慶の名のほうが表に出る機会がおおい。 

これは展覧会の混み具合でも現れているようで、過日の運慶展に比べ今回の展覧会はとてもすいていた。 

実を言うと私も快慶の作はあまり好みではない。信仰の対象にこのような不遜はいかがか、という話はあるが、あくまでも好みで言うとそうなる。

それは何かと考えると運慶の仏像の大胆に比べ快慶の仏像はキッチリしすぎという点にあるのではないか。 仕上げもキッチリしているし、顔も端正。 

がそれが何となくつまらない。冒険がなさ過ぎるように思えるのだ。

慶派直系の運慶が一族の長として自信を持って色々なことに挑戦することが出来るのに対し、同じように豪放磊落に振る舞っては両雄並び立たずで慶派がうまくまとまらない、自分のやるべきはきちんとした仕事である、といったある種の職人に徹した姿が感じらた。

年長者でありかつ実力者であった快慶にとって慶派の看板はむしろやりにくかったのではないか?などと思ってみたり。


02


そんな少々気乗りしない雰囲気で見て回ったのだが、半分は想像通りであったものの半分は快慶ただ者でなしという気分に。

大方の仏像は快慶らしい端正な仕上がりを堪能できるものだが、目を見張ったのは10大弟子像。 特に大迦葉と舎利弗立像。 10大弟子を前から後ろから見て回ると体の表現に違いが見られるので快慶作というよりは快慶一派の作というとだろうが、この二つの表情や身体表現には目を見張るものがある。 

快慶の肖像彫刻というと東大寺を再興した重源像が有名だが、それを彷彿とする出来。小さいが相対していると全く小ささを感じさせないスケールを越えた迫力があり、これだけでもこの展覧会に来た意味があった。

慶派で言うと他に康慶の法相六祖像をはじめ運慶の無著・世親像が有名だが、この鬼気迫る写実技術は慶派のお家芸なのだろう。

定慶については興福寺東金堂の維摩居士や金剛力士像を作った定慶ではなく肥後定慶(運慶の次男康運が改名したらしい)ということで全くの予備知識なし。 六観音は丁寧に作られているがやはり小さいため引き込まれるような迫力に欠けているようにおもわれた。 


04


で、その足で本命デュシャン展を観ようと思ったら、このような張り紙が…。

遺作は以前見たこともあるので、観なくともいいと言えばよかったのだが、この「映像」というのがどういったたぐいのものか分からず、係員に効いても何のことやらの返答しかもらえなかったため、大事を取って後日改めてみにくることにした。

もっとも全く毛色の違う展覧会を時間を空けず見て回るのもしんどいので、これはこれでよかったのかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/24

御朱印帳 その4

001_2


御朱印帳用の用紙を中おもてに半分折りにする。
一包み500枚が一回の作業単位。


002


端を寄せ盤にあわせて折る。
折り本は中おもてに折った紙の背と前小口を交互に重ね、貼っていく構造なので、折りが少しでもずれると仕上がりが汚くなるため天地前に狂いが出ないように注意して折る。

折りながらふと、最近人工知能・ディープラーニング・ロボットに人間の仕事の大半がうばわれるという話題が頭をよぎる。

当ブログのタイトル「キル・オル・トジル」は本をつくる上で欠くことのできない作業の代表だ。

さすがに数をこなしてきたこともあり、普通の人に比べると手際よくこなせるようになったと思うのだが、機械に比べられてはその精度、スピードとも全く太刀打ちできるものではない。

紙を半分に折る、という単純作業をしながら一束500枚の紙を折ることにかかる時間を考えてみる。 
一組20枚の紙を束から分ける7秒、(一枚の紙を取り上げて寄せ盤へセットする2秒、端を合わせて折る4秒)X20枚分:80秒、(折った紙を重ねる2秒)X20枚分、20枚の紙をしっかり揃える作業3秒。

一セット分を作るのに計96秒、これを500枚(25セット分)とすると40分。 もちろん作業と作業の合間の時間、トイレに行ったり飲み物を飲んだり、電話に応対すれば簡単に1時間を越える作業となる。

ではこれを機械に任せたら…恐らく折った紙をさらに交互に重ね糊付けまでしてほんの数分もあれば仕上げてしまうだろう。

いったい機械でもできることを人がするという意味は何なんだろう?
こうした作業に価値を見いだすことはできるのだろうか?

将来、人工知能やロボットは本当に人間を幸せにするか?
人間は経験に基づく技術や技能をすべて機械にゆだねて幸せになれるか?

そもそも幸せとは何なのか? 何でも楽して便利なことが幸せなのか?


003


そんなことを考えながら紙を折りつづけたら、意外に早く作業が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«御朱印帳 その3