2017/12/10

ご朱印帳ワークショップ

092_3


ロクタ紙をつかった御朱印帳のワークショップ。
折り本ベースの製本は糸綴じ系の製本に比べ必要とする道具が少ないので入門には最適。

またこのワークショップでは水溶きの糊をつかわずスティックのりをつかうため、プレス、乾燥時間をほとんどとらなくても紙の「そり」が抑えられる。

一方、中おもてに折った用紙の背と小口を交互に重ね貼りするため、小口の化粧断ちが出来ないので、いかにずれることなくピタリと用紙をくみ上げるかがポイント。 また、紙おもてに間違えて糊をつけてしまうと「開かない御朱印帳」が出来てしまうので注意が必要だ。


093_2


折じぐに合わせて用紙を半分に折る。
用紙は48ページ分24枚。 一枚一枚前小口、天地がずれないように折る。

今日の皆さんは一発合格(写真)。


094_2


用紙の貼り合わせ。 見開き部分に糊をつけぬように目印の付箋を貼って作業する(左・中図)。

折り本で失敗するのはこの行程がほとんどだが、これも全員きれいにクリア(右図)。


095


表紙になるロクタ紙を切って、黄ボール紙に貼る。
折り返しを15ミリとって余分を切る。


096


ロクタ紙の折り返し部を表紙ボールに巻き込み、表紙を本文に貼り込む(写真)。


097


そして完成(写真)。


098


はじめてとは思えない完成度でビックリ。スバラシイ!!


099


折り本は材料として用紙、厚紙、表紙素材、道具として定規、カッター、スティックのりがあれば出来てしまうので、一度つくりかたを覚えればページ数を変えたり大きさを変えたりして様々なバリエーションで手軽に楽しめるのも楽しいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/05

ミニ和本

281_3


ミニ和本3種。

和本なので右綴じが基本だが、自分用なので、左綴じを二冊。


282_2


表紙には自製板締めの和紙を使う。
本自体が小さいのでパターンを小さくしようと思うと折った形が小さくなるため模様を均等に出すのが難しい。

もっともそのバランスが崩れたあたりがおもしろかったりもする。


283_2


今回の中味は中国の紙なので、和紙とはいえないが、和紙同様しなやかで開きは良い。 洋紙の平綴じは固くて無理に開くと紙に折れや癖がつくが、和紙の場合のど元から開いてもそれほど紙が傷むような感じはない。


284_2


綴じ糸は外に出ているし、接着箇所も少なく、使う糊がデンプン糊なので、簡単にばらすことが出来るのも和本の特徴。
また、とても軽いので、持ち運んでも重さを感じないのもよい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

ミニ和本 その3

272


綴じの準備。

糸を通す穴の位置を背から測り取り(上図)、

綴じ穴ラインをヘラで印しておく(下図)。


273


今回は四つ目綴じなので、まず天地の穴位置を決める(上図)。

自製均等割ガイドを使って天地に開けた穴を三等分し、全部で4つの穴位置を決める(中図)。

目打ちで穴を開ける(下図)。
いつもは金鎚でたたくのだが、今回は樫の目打ち叩き「樫矢」をつかう。

と言うのも、目打ちの尻が金鎚でたたきすぎてつぶれてきたため。
最も多少つぶれても構わないのだが、確かに樫矢を使うとあたりまえだが全く目打ちの尻がつぶれることはない。しかも打面が広いくラフにたたいても打ちもらさぬうえ、適度な重みがあるので一気に穴が開く。いいことずくめだが、かさばるのが難。


274


綴じ作業。

糸端に玉結びをつくる(上図)。

上から数折りめの背から、地(天)の二番目のあなへ抜き(中図)、

糸を背にひと回しして同じ穴へ出す(下図)。


275


隣の穴へ糸を通し、同じように背をひと回ししてまた隣へ(上図)。

天(地)の穴では背に回した後天(地)小口をひと回しする(中図)。

これをくり返し元の穴へ戻す(下図)。


276


元に戻った糸は一度背に回した糸にくぐらせ、一結びする(上図)。

もう一度最初の穴から2−3折り目あたりへ抜き、余分な糸を切る。(中・下図)。 糸端は背の中に隠しておく。


277


表紙の題簽をつくる。

今回は和紙を喰い裂きにして表情のある題簽にする。

切りたい部分を折り、折り目に軽く水をつける(上図)。

開いて水のついたラインを引っぱるようにして裂く(中・下図)。


278


題簽を濃いめの正麩糊を薄くのばして貼って完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«芸術の秋…